物も考えようで不景気だからこその「一家団らん」もふえて、ささやかながら家族と過ごす時間が返ってきました。

「こんなに家族バラバラでこれから日本どうなっちゃうんだろう」と言われましたが、一周回って元の位置に戻ったようですね。

 

狭くなったお家も一緒に「あーだ、こーだ」と言いながら食べる夕食は、まさに「我が家」。

 

なんだかんだ会話しながら食事をするご家庭の子ども達は「過食」や「拒食」を含めた「摂食障害」を起こさないんだそうですよ。

「野菜食べなさい、野菜」

「魚食べると頭がよくなんの」

「唐揚は一人3個だって!ケーチ」

テーブル越しの言葉が「食育」になってて、何をどのくらい食べればいいのかがちゃーんと分かるようになるんですってね。

 

「摂食障害」を起こす子達はね、一人で食事してる場合がほとんどです。

「過体重」の子は食育を受けていないので食べ方がわかりません。

 

自分には減量はムリだといってもやっぱり痩せたいんです。

ということは、子ども達の身長と体重のバランスが崩れると親の知らない処で「奇妙な食事」を続けているわけです。

 

「毎日ハンバーガーセットを食べていた」

おまけにシェイクはLサイズ・・。

家の子は痩せてるから大丈夫・・

「隠れ肥満」の「痩せの大食い」かも知れません。

 

成長期の子が夕食時に「あんまり減ってないから」はありえません。

「フライ物の買い食い」は習慣性ができます。

 

ファストフードのデメリットに「野菜の不足」と「フライの油」の酸化がありますよね。

「食育」ができている子はそれに気づきます。

「野菜少っくな!この油のにおいムリ!」。

 

子どもの血管は大人よりもずっと細いので詰まりやすいです。

過剰な「悪玉コレステロール」や「中性脂肪」が周りにあふれていて、生活習慣病が秘かに進行している場合が多いです。

 

会話しているとついつい、ポロッと私生活をバラします。

一つ出たらポロポロでてきますから気長にあぶり出しましょう。

 

一緒に話しながら食べると食事の量が減って気持ちが安定します。

そのうちに食事の量が安定してきます。

 

表情豊かに会話する様子を見るのが楽しみにもなりますね。

一緒にウォーキングで有酸素運動して「悪玉コレステロール」「中性脂肪」を減らし「善玉コレステロール」を増やしてピンチがチャンスに変わりますね。

 

「時間だ走ってこい」と言われても一人では走りませんから運動の継続は難しいですが、不思議と二人なら「時間だよ」って言いたがりますよね。

ダイエットには停滞期が必ずありますが「減らない」もコミニュケーションにして「太る速さ」と「減らす大尉偏差」お互いに上手くいきます。

 

子どもが動脈硬化を起こしたら周りの大人の責任ですから、なるべく早く引き戻してあげたいものです。

 

いくら忙しくても子どもにダイエットを丸投げすると「ちゃんと食べたふりをしてごちそうさま」をします。

正しく食べて痩せる方法を一緒に考えてあげましょう。

 

ダイエット中こそ栄養素を摂ることが欠かせません。

学齢期は体育もかなりハードで倒れる子もいます。

体重を気にして栄養のとれていない子が多いです。

 

すらりと伸びた背は学齢期の栄養摂取にかかっています。

カルシウムは魚や赤身の肉から摂るといいですね。

 

野菜も一緒に蒸し料理にすればダイエットにもぴったりで野菜も食べられます。

「フタ付の鍋」に一回り小さな「足つきでステンレス製の水切り網」を敷いて「蒸し器」として使えます。

 

適度に脂や水っぽさも抜けるのでお年頃の女子にもいいでしょう。

一生お世話になる内臓や骨格の充実や成長ホルモンにも脂質が必要なことです。

 

肌や髪のツヤもなく、すぐに風邪をひき、少し走ると心臓がどくどくしていては楽しくありません。

楽しく過ごすにはエネルギーが必要です。

 

良質なたんぱく質と脂質を食物繊維と一緒に摂っていれば太リません。

モデルさん達も豆類・鶏のササミ・魚から良質なタンパク質を、野菜・海藻からビタミンやミネラルを補給しますね。

 

子ども達の食べ過ぎる原因もそれぞれありそうです。

塾の時間調整に食べるものにも注意が必要ですよ。

まだ栄養バランスの取り方がわからないですから。

 

食生活が正しければ標準体重になってきます。

もし過体重なら「高コレステロール食」をとっていることも疑われ、外食になると油の変質も気になります。

 

「食べるならコッチがいいよ」と理由も教えてあげて下さいね。

楽しく栄養バランスが取れるようなメニューを用意することも家庭ならではの愛情ですね。

 

忙しいご家庭ではごま油を仕上げに使った「筑前煮」がお勧めです。

肉類の小口切りやいろいろな野菜やこんにゃく等の食材を硬いものから煮ます。

 

メニューが思い浮かばなくてもとりあえずいろいろな野菜や乾物を買ってきて適量づつ使うことで栄養バランスのいい一品になりますよ。

子ども達が好きな「カレー」の具に色々な食材を使うと楽しいですね。

 

食べ残すキャベツもざく切りにして具にするとドレッシングもいりません。

魚は骨が嫌で魚嫌いになるといけないので、忙しい時は骨が並んでいるところを包丁でそぎ落とした「ムニエル」もお勧めです。

 

魚の脂は脳神経の活性化にも、魚料理が好きになる動脈硬化対策にもなっていきます。

火の通し加減を硬めや柔らかめに替えるだけでよく食べるようになったりもしますね。

 

「どっちが好き」もコミニュケーションになり安心感が子ども達には何よりのごちそうですし「食育」なんですね。

野菜ジュースもいいですが適量のバナナやリンゴは便通がよくなり、腸内のコレステロールだけでなく血中の悪玉コレステロールまで減らす効果があります。

 

「食育」の先生はご家族が一番いいですね。

動脈硬化は隠れ肥満もキーワード?潜在リスクについて

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

食べたいものほど高コレステロールで困ってしまいます・・

鼻をくすぐるお肉の焼けるにおい・・

お気に入りのお酒がグラスに注がれると・・

「カンパーイ」。

 

そういう食事もたまにはいいですよね。

でもコレステロールは気になります。

 

そもそも、悪玉コレステロールってなんなんでしょうね。

 

「LDLコレステロール」は「悪玉」といわれていますが、身体のすべての細胞の骨組みになる材料なんですね。

だから、必ず毎日必要なので、皮下脂肪としても蓄えているんですね。

 

Q,生命を維持するために必要な「LDLコレステロール」が「悪玉」な理由は何でしょうか?

 

A,それは脂ものを多く食べた場合、腸の内側にべったり付着した脂肪分が腸から吸収されて血管内に爆発的に「LDLコレステロール」が増えてしまいます。

 

その異常事態に身体は「LDLコレステロール」を病原体と判断し殺菌しようと「活性酸素」を増加させる「免疫反応」を起こします。

病原体であれば「活性酸素」によって殺菌され老廃物として排泄されるのですが、病原体と違って生きていない「LDLコレステロール」は減らないだけでなくグレるんですね・・

 

身体からの攻撃によって「脂質」は酸化し血管内にベトベト付着し「プラーク」になり次第に動脈が硬化していく原因になります。

「動脈硬化症」は「脳卒中」と「心臓病」の原因なので日本人の死因の第一位ということになります。

 

ほとんどの人が「脂質の摂りすぎ」で死亡しているわけですね。

 

一日に必要な「LDLコレステロール」の必要量は1〜1.5gととても少なくていいんですね。

そのまた70%は肝臓等で合成されるので、後の30%だけを摂ればいいわけです・・

 

ならば摂らなければいいかと言えばそうではなく「LDLコレステロール値」が160mg以下のままだと脳神経の新陳代謝ができず精神不安定になり「殺人」や「自殺」の原因にもなります。

 

実は「脳神経」の新陳代謝や活性化にもEPA、DHA等の「LDLコレステロール」が材料として必要で、受験生にEPA、DHAのサプリが勧められるんですね。

特に女性の血液検査結果で気になるのが「LDLコレステロール」ですね。

 

検査自体の基準値は60〜139g/dlですが、閉経後の女性では*がでる70〜159g/dlでも大丈夫です。

「LDLコレステロール値」が高くなるとネフローゼ症候群、甲状腺機能低下症、動脈硬化症等が疑われ、低すぎると甲状腺機能亢進(こうしん)症、肝硬変などが心配されます。

 

「脂質」が三大栄養素というのも時代に合わない気がしますが、「LDL」が増えても「HDL」の割合が増えれば動脈硬化症を抑えることもできます。

動脈硬化は悪玉コレストロールによって悪化してしまう?

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

「隠れ肥満」は皮下脂肪が少なく太って見えません。

でも「肥満」としての対策が必要なんですね。

 

なぜかと言うと血液がすでに「ドロドロ血」になって「動脈硬化」が進んでいるんです。

「中性脂肪」や「LDLコレステロール」が高くなるので「血液検査」でチェックされますが、「内臓脂肪」は「体脂肪率」でも発見されます。

 

腹囲(ウエスト)を腰回り(ヒップ)で割り算した数値が男性で「1」以上、女性で「0.8」以上ある場合が「隠れ肥満」とされています。

「BMI」は「肥満」しているかどうかの目安を数値化したものです。

体重(kg)を身長(m)の2乗で割り算した数値で表わされます。

 

「BMI」が18.5以上25.0未満ならば「標準体重」。

「BMI」が22.0の時に一番病気をしにくい状態であると言われ、「BMI」が18.5未満は「やせすぎ」、25.0以上は「肥満」に分類されます。

 

体型的には健康的なので自分が「肥満」だという意識がないので「合併症」が重症化しやすいです注意が必要なんですよね。

「隠れ肥満」はすでに「動脈硬化」が進んでいる可能性が高いんです。

 

「動脈硬化」は酸素や栄養分などを運ぶ動脈血管自体が酸化してボロボロになって裂けたり詰まったりします。

いつどこの血管が裂けたり詰まったりして「心臓病」「脳卒中」を起こすかわかりません。

 

死亡率が非常に高く重い「後遺症」を残し「再発」を繰り返すことが多いんです。

 

特に「隠れ肥満」のように「LDLコレステロール」や「中性脂肪」の数値が高くても、全く「肥満」の対策をせずに安心していると「心臓病」「脳卒中」を発症していることもあります。

 

「隠れ肥満」の内臓脂肪を燃焼させるのは「有酸素運動」を20分以上継続するといいのですが、なかなかそれが難しい事でもありますよね、

 

「魚」中心の食生活にすると「LDLコレステロール」や「中性脂肪」を低下させて「サラサラ血」にする「EPA」や「DHA」が摂れるので身体の中から元気になって内臓脂肪が減っていきますよ。

動脈硬化と細胞の酸化、発がん率について

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

「動脈硬化」を起こすと血管壁ももろくなっています。

「高血圧」では血管の負担がかかるので「心臓病」や「脳卒中」「動脈瘤(りゅう)破裂」のリスクも高くなります。

 

「血圧」上昇を抑える「カリウム」が豊富な「昆布」は、「ナトリウム(塩分)」を排泄する作用もあり、「LDLコレステロール値」を下げることも明らかになっています。

 

◯ 「昆布」って「味ない」し「捨てる」でしょっ・・

「食」の西洋化で日本が失ったものの一つが「昆布」の文化だと言われています・・

「昆布」は敬遠されがちですが「おでんの結び昆布」のように気軽に利用できます。

 

「昆布」はハサミで切っておくと「野菜」として「全部」食べられます。

美肌・美髪にもいいですよ!

 

昆布に豊富な「アルギン酸」は食物繊維がたっぷりの海藻のヌメリ成分です。

ワカメと違って歯ごたえがしっかりしているのは「カルシウム」が多く含まれるからなんですよ。

 

満腹感のある「不溶性食物繊維」の部分と、ゼリー状になって「悪玉コレステロール」を排泄する「水溶性食物繊維」の両方を持っている「昆布」はお得な海藻なんですね。

 

「水溶性食物繊維」の部分にある「アルギン酸カリウム」は胃の酸で「カリウム」を分離します。

 

これによって「カリウム」は本来の「血圧」を下げる作用を発揮します。

次に腸のアルカリで「ナトリウム(塩分)」と結合して一緒に排泄されます。

 

「塩分」が減ったので「血圧」が下がり「血管壁」が裂けるリスクが低下します。

「カリウムは血圧を下げる、ナトリウムが減れば血圧は下がる」

 

不思議なことに一枚の「昆布」には人間の「血圧」も「塩分」も下げる力があります。

「アルギン酸」は「悪玉コレステロール」を下げる力も持っているんです。

 

しかも二通りの手段で、「動脈硬化」が進んできて「高血圧」の方には「昆布ダシで魚チリ」もいいですね。

 

「不溶性食物繊維」の部分にある「アルギン酸カルシウム」は「カルシウム」と一緒になった「アルギン酸」で腸で「胆汁酸」を吸収して排泄されます。

減った「胆汁酸」を補充するために材料に使われる「悪玉コレステロール」が低下します。

 

毎日確実に「悪玉コレステロール」を低下させサラサラ血にするならEPAやDHAがいいでしょう。

 

「不溶性食物繊維」はパサパサしていますが十分に吸水するとカサを増して排便しやすい状態になります。

この「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」は身体の免疫力も高めます。

 

「心臓病」「脳卒中」に「大腸ガン」の予防には「魚」と「昆布」は欠かせませんね。

動脈硬化とポリフェノール、手軽に摂れるもので改善

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

「LDLコレステロール」「中性脂肪」を減らし血液をサラサラにする「不飽和脂肪酸」の「EPA」や「DHA」は「酸化」しやすいのが弱点ですが、β-カロチンが一緒ならセーフ!なんです。

 

「不飽和脂肪酸」は非常に酸化しやすいので、なるべく新鮮なうちに食べるといいですね。

 

真空パックされた「シメサバ」なら食べる直前に切るので安心ですよね。

鮮魚売り場で頼んで「おろしてもらう」方が切り口から酸化しにくく調理するまでラッピングしておいて調理する時に切ると酸化が抑えられますね。

 

「不飽和脂肪酸」は体内に入ってからの方が速く酸化します。

それは体内の「活性酸素」が結合することで「過酸化脂質」となり周囲の組織を破壊するので「ガン」の原因にもなります〜

 

「LDLコレステロール」が「悪玉」になってしまうように、「不飽和脂肪酸」が「過酸化脂質」になってしまうのも「活性酸素」が関係している・・

ちなみに「活性酸素」は「抗酸化作用」のある「ポリフェノール」でも強力に「酸化」を抑制できますね・・

 

「EPA」や「DHA」も「酸化」すると「過酸化脂質」になってしまうので「動脈硬化」や「ガン」の原因にもなってしまうので魚は鮮度を大事にして、残さず食べ切りましょう。

 

せっかく食べるならより効率的に「不飽和脂肪酸」のEPAやDHAを摂りたいですね。

知らなかったので「ん?」な脂臭さがあっても食べていたのでショックです・・

皆さんはどうですか・・

 

動脈硬化にはβ-カロチンが凄いんです!

緑黄色野菜に多く含まれるβ-カロチンは「抗酸化作用」が強く、体内でビタミンAに変化して、「風邪の予防」でも知られています。

 

「活性酸素」は「不飽和脂肪酸」よりも「β-カロチン」の方に結合しやすいので「酸化」しません。

この「抗酸化作用で「大腸ガン」も予防するんです。

 

この「抗酸化作用」で「心疾患」の発症率が「β‐カロチン」によって下げられることが「ハーバード大学」で明らかにされていて「心疾患」のリスクを持つ方にも勧められています。

 

β‐カロチンはにんじん、ホウレンソウ、ニラ、ブロッコリー、小松菜、春菊、カボチャなどの色の濃い野菜に豊富です。

手に入りやすい野菜ばかりなので毎日摂れそうですね、

 

「魚料理」の付け合せにさっとゆでて「温野菜」にしたり「煮物」にしたりすると「サラサラ血」になって、「大腸ガン」「心疾患」の予防にもなるβ‐カロチンも摂っときましょうね。

動脈硬化と糖尿病には海苔がピッタリ?

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

海の野菜「海藻」の中でも「海苔」はおいしく手軽に「ミネラル」補給できていいですね。

この「海苔」にも「心筋梗塞」「脳梗塞」の原因の「血栓」を予防する「EPA」が豊富です。

 

それから「糖尿病」にもいいってご存知でしたか?

「魚介類」だけでなく「海藻」にも含まれる「EPA」は血液を「サラサラ」にする「善玉コレステロール」になり「悪玉コレステロール」と「中性脂肪」を減らす「不飽和脂肪酸」です。

 

「海藻」にも「EPA」として身体にいい脂質が微量含まれますが、痩せることはあっても太ることはありません。

「海藻」はヘルシーなのダイエット中には特に摂っていただきたいです。

 

「EPA」には「悪玉コレステロール」や「中性脂肪」だけでなく「動脈硬化」した血管の修復のために増えた「血小板」で「ドロドロ血」を「サラサラ」にしていく働きがあります。

 

「動脈硬化」が気になってからでも始められる「EPA」や「DHA」の食習慣で「心筋梗塞」や「脳梗塞」が防げることも可能になっています。

忙しい方にはサプリが便利ですね。

 

法人では健康診断が義務づけられてて定期的に「LDLコレステロール」や「中性脂肪」の数値が経過観察できる検査結果が配られますが、自治体の「健康診断」の受診率は低いです。

 

風邪をひいたときにも医院で「健診しておきましょか」と言われたらチャンスです。

初診料が一度で済みます・・

でしょー・・「健診」は受けたいが「初診料」が・・

 

「LDL」も「中性脂肪」も「DHA」と「EPA」で改善できる間に「健診」で発見しましょう!

それが一番低価格な健康維持対策ですよ。

 

海苔に多く含まれる「クロム」は「糖尿病」にとってもいい成分です。

動脈硬化」と一緒に「糖尿病」を併せ持っている方も多いので「クロム」の多い「海苔」をおすすめします。

 

「クロム」は「DHA」や「EPA」と同じ「血液サラサラ」作用と共に、膵臓が「インスリン」を分泌する作用を「クロム」が増強するので「血糖値」を安定させることができます。

 

そして、「クロム」は食事で一気に上がる「血糖値」を抑え必要なエネルギー代謝に使えるようにする作用も持っているんですね。

 

「血圧」を下げる「カリウム」も豊富な「海苔」には、子ども達や妊産婦さんや骨粗しょう症の予防にもいい「カルシウム」、食物繊維は便秘や「大腸がん」の予防にも役立ちます。

 

毎日摂りたい「海苔」ですがそれがなかなか大変なんですよね。

海藻が十分摂れなかった日はサプリもいいですね。

 

「糖尿病」で「動脈硬化」の方には「海苔」を一日3回摂っていただきたい。

薄っぺらなのに「海苔」も凄い奴でした。

 

「糖尿病」が心配な方も是非、今から取り入れてくださいね。

動脈硬化を防ぐ為「身体に良い油脂」の取り方について

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

「食育」は「家族」から「子ども達」への「一番大きなプレゼント」かもしれませんね。

おとなになってから蓋が開く仕掛けのうれしい宝物・・

 

それが「食育」。

「生活習慣病」の原因で多いのが脂の摂りすぎによる「動脈硬化」からくる「心臓病」「脳卒中」も子どもの頃から「食育」することで予防することも可能なんですね。

 

子ども達が「家族」を実感するのは団らんの食事のようですね、

肉団子が転がったというだけで笑い、つられてみんなが笑いだす。

そういうことの積み重ねがいいんですね。

 

一人で食事を摂る子ども達は「摂食障害」を起こしやすいんですよ。

家族が誰一人として子ども達の変化に気づいていないということが世界的にもとても深刻なんです。

 

バブル全盛期には日本にもこのケースが多くて「摂食障害」がテレビでも取り上げられましたね。

不景気になって密着度が高くなった家庭が増えたことはうれしいことです。

 

「太った」と「食べたふり」をするのが「拒食症」の始まりです。

「食育」ができていれば不健康の怖さを知っていますし、家族が見ているので異変に気づきます。

 

痩せたいという意志が強ければ健康的な減量のサポートもするのが家族ですね。

「過体重」でじわじわ体重が増え続けるのは家族から離れた場面での飲食が疑われます。

 

「子どもには子どもの付き合いがある」んだそうですが改善が必要です。

意外ですが本人は自分がどのくらい太ったか見ていないんです。

 

夜間の室内のサッシに全身が移って、悲鳴を上げてから食べる量が減った子もいます。

結局は、自分から改善する方法を探す気にさせるこのままでいくとどうなるか、という将来の予想図を健康面と、美容面からとつとつと怒らないで話し合うことです。

 

太りすぎても痩せすぎても危険なんだという話をすると

「そんな病気になっちゃうの〜」

「何で教えてくれなかったの〜」

「死んじゃうじゃな〜い」

「助けてよ〜」・・

 

子どもには知らないことがいっぱいです。

年齢相応の知識を披露したり修正してもらったりする場が団らんの食事ですね。

思春期までの数年間です何をおいても共に語りましょう。

 

正しい食生活を通して「なんで?」が出てきますね。

それに答えると「食育」ができます。

そのうちに、見よう見まねで料理は伝承されますね。

 

いつの間にか自分でほうれん草のお浸しを作っておかかをかけて食べていたりします。

お料理ができると一生不自由しませんよ。

 

今、自分に必要な食材は何なのか・・

「楽しく」「元気に」人生を送るための丈夫な器官や骨格が作られる大事な時期にはAPEやDHAなどの良質な「脂質」も必要です。

 

楽しく栄養バランスが取れるようなメニューを用意することも家庭ならではの「食育」ですね。

忙しいご家庭ではごま油を仕上げに使った「筑前煮」がお勧めです。

 

いろいろな野菜や乾物を買ってきてなるべくたくさんの材料を使うと栄養バランスのいい一品になりますよ。

魚は「ムニエル」にすると洋食になるので喜んでたべますよね。

 

魚の脂は脳神経の活性化にも役立ち、魚料理が好きになると「動脈硬化」対策にもなります。

野菜は火の通し加減を「硬め」や「柔らかめ」に替えるとよく食べるようになったりもしますね。

 

「どっちが好き」もコミニュケーションになり、子ども達の心のごちそうです。

野菜ジュースもいいでし適量のバナナやリンゴで便通がよくなり、腸内のコレステロールを減らします。

 

「食育」の先生はご家族が一番いいですね、生活習慣病にならない身体を作ってあげたいですね。

ご家族もいつまでも若々しくいてあげてくださいね。

動脈硬化とEPAの関連性、どれ位重要なのか

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

「悪玉コレステロール値」が高いと「動脈硬化」が気になりますね。

考えていてもキリがないので調べてみましょう。

適切なケアができるように簡単な検査があるんです。

 

「動脈硬化の治療が必要かどうか」

が気になるだけの方も気軽に受けられるABI、PWV検査は、もちろん定期的に利用すれば「動脈硬化」を「自己管理」するのも可能ですね。

 

血液サラサラのために「タマネギ」「香味野菜」「しめじ」「海苔」「魚」など「動脈硬化」や「血栓予防」の食材があります。

おいしく「医食同源(いしょくどうげん)」しましょう。

 

50歳以上のほとんどの皆さんはすでに「動脈硬化」しています。

どこで食い止めるかです。

「生活改善」することと「必要な治療」を受けることで発病を「予防」できます。

 

手と足の血圧を同時に測定することで動脈硬化がどの程度進行しているのかを数値化して「治療」の目安にするのがABI検査とPWV検査です。

 

◯ ABI検査は両手と両足の4箇所の血圧を同時に計測して心臓から押し出された脈の4箇所への伝わり方から「動脈硬化」の程度を調べます。

安静に仰向きで安静にするだけで「動脈硬化」がそれぞれどのくらい進んでいるか分かり、動脈血管の障害の早期発見も可能になりました。

 

動脈硬化症で一番多い「アテローム動脈硬化」の進行の度合、血管内が狭くなって血液が流れにくくなる狭窄(きょうさく)の程度や、血管内の「酸化したLDLコレステロール」等がはがれ「血栓」になって流れ血流を止める「閉塞(へいそく)」の有無が推定できます。

 

◯ PWV検査は心臓から押し出された脈拍が動脈を通って手や足に届くまでのスピードで計測します。

動脈が「硬くなったり」「分厚くなって」いるとスピードが早まります。

 

心臓から送り出される血液が手足へ到達するまでの時間を計測します。

数値が高いほど「動脈硬化」が進行していることが分かります。

 

◯ ABI-PWV検査は二つを同時に計測します。

計測方法は心電図の計測に似ています。

 

仰向けに横になって両手足に血圧計の帯をまき、心電図の電極、心臓の動きを知るための心音マイクを装着して5分程度計測します。

 

ABIの測定値が0.9以下なら動脈硬化が疑われ、年齢にもよりますがPWVの測定値が13.5以上ある場合は「動脈硬化症」の進行が推定され、「クモ膜下出血」「脳梗塞」「心筋梗塞」「狭心症」になりやすい状態で、「高血圧」の場合は血管を保護する治療法の検討にも使われます。

 

ABI、PWV検査は「動脈硬化」治療の必要の有無の判別にも簡便で、身近な病院でも備えやすく、5分程度で身体の負担もないのがいいですね。

 

「治療の必要はない」としても「食習慣の見直し方」と「運動の仕方」は個人的に医師の指導を受けておきましょう。

 

「塩分」「糖分」「刺激物」など「人それぞれに合った食事」や「人それぞれのコンデションに合った運動」はお医者さんでないと分からないのでしっかりメモしておきましょう。

 

今だからできる楽しいことがたくさんありますよね。

たくさんの人が「EPA」などの「血栓予防」をしながら「旅行」や「趣味」も楽しんでいます。

 

あの人もこの人も持っているのが「動脈硬化」。

これからですよ、これから!

動脈硬化はワカメで解決?悪玉コレストロールを減らそう

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

「動脈硬化」はほとんどの人の「動脈」に起こります。

そして、死亡率の高い「心臓病」や「脳卒中」はほとんどが「動脈硬化性」の病気なんです。

 

さらに、「心筋梗塞」と「脳梗塞」は「動脈硬化」が進んで「血栓」が流れて行って血管をふさぎ、「酸素」などが届かなくなることで「脳」や「心臓」の一部が壊死します、手遅れになると死亡率が高くなりますが、「動脈硬化」が進行しなければ予防できる生活習慣病です。

 

◯「心筋梗塞」「脳梗塞」は「血栓予防成分」で対抗

研究が進み「動脈硬化」の原因と予防法が分かってきました。

これを利用しない手はありませんね。

 

最初は脳を活性化することで脚光を浴びた「EPA」と「DHA」が「動脈硬化」を抑える作用があることがあきらかになっています。

 

「動脈硬化」の進行は抑えることができます。

「LDLコレステロール」を減少させる作用で知られる「不飽和脂肪酸」の「EPA」と「DHA」が豊富な「青背の魚」をメニューに持ってくると、食材から「HDLコレステロール」を増やせます。

 

「EPA」や「DHA」を毎日積極的に摂ると「HDLコレステロール」が増え「サラサラ血」になっていくことが分かっています。

「血栓」にならないので「心筋梗塞」「脳梗塞」も予防できます。

 

◯ EPAって?

「EPA」は「中性脂肪」を低下させる作用が特に強く「中性脂肪値」が高い方も、日常的に摂ることで「ドロドロ血」を「サラサラ血」にして「血栓予防」をします。

 

「LDLコレステロール」や「中性脂肪」で血液が「ドロドロ血」になるのを抑え、「血小板」のからみつきを防ぐ「血栓予防」で「心筋梗塞」「脳梗塞」を予防します。

 

◯ 大トロ、カンパチ、ヘイ、オマチ!

どうしても「脂」が好きな方なら「霜降り肉」を「トロ」や「あんこうの肝」などに置き換えることで魚の「脂」で「サラサラ血」に食の改善が可能です。

 

御鮨(おすし)なら摂りすぎないので週に2,3回はつまめますよ。

肉を魚に置き換えると「血栓予防」になります!

 

◯ 海辺の人なら「動脈硬化」しないのかな?

すでに研究されていました、「動脈硬化」の出現率は同じくらいなんですね。

ただ「動脈硬化」の進行が食い止められていて「心筋梗塞」や「脳梗塞」の発症率が低いんです。

 

他の地域の人と同じく「動脈硬化」していても「EPA」「DHA」を日常的に摂ることで「動脈硬化」が悪化しにくく「血栓」もできにくいことで「心筋梗塞」「脳梗塞」は少ないんです。

 

血管がすでに「動脈硬化」していても、毎日の食事改善で健康的な「サラサラ血」を持続して、階段が怖くなくなったら、軽めの有酸素運動もリラクゼーションにいいですね。

 

「動脈硬化」は50歳以上になればほとんどの人に見られます。

子どものころからの「動物性脂質」の摂り方に原因があると言われています。

「動脈硬化」は血液中の「LDLコレステロール」が多すぎることから起こります。

 

これからの時代を生きる子ども達には大人が教えてあげることで予防できる生活習慣病です。

是非、活用して「食育」から未来の大人たちがより活動的に健康な毎日を送れるようにしてあげたいですね。

 

たくさんの方がそれぞれ、通院しながら家庭での食生活改善を続けておられるんですよ。

お薬や、外科手術後も結局は家庭生活の改善が一番大事になります。

 

外科手術をすれば治るのではなく血液が固まりにくくするお薬のように一生ケアは必要です。

でも、いろいろな手術を受けても、そうだと知らなければ気づかないくらいになって退院されます。

 

きっと身の回りにもおられますよ。

動脈硬化とポリフェノール、手軽に摂れるもので改善

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

「抗酸化作用」が高い「ポリフェノール」は色々な食材に含まれています。

細胞を酸化させる「活性酸素」を抑え「動脈硬化」の抑制や「アンチエイジング」にも力を発揮します。

 

また、血中で「悪玉コレステロール」を減らし「善玉コレステロール」を増やすんですよ。

これも「ポリフェノール」だったの!・・

 

◯「カテキン」・「タンニン」

・・緑茶の「エピガロカテキンガレート」は身体が吸収するコレステロールを減らし排泄を促進させる嬉しい作用があります。

 

「脂っこいメニュー」には「濃いめのお茶」がヘルシー。

日常的な水分として飲み続けるだけで生活習慣病も予防します。

 

「緑茶」の「カテキン」の抗酸化力は「ビタミンE」の20倍!

そして、5〜6時間経過しても抗酸化力が低下しにくいんです。

 

朝いれた水筒のお茶パワーはお昼過ぎまでになります。

「急須(きゅうす)」を知らない子もいますが「お茶をたしなむ」と、もてますよ〜。

 

◯ 「アントシアニン」

・・「イチゴ」「ナス」「ブドウ」などに含まれる赤や紫の色素成分で、「赤ワイン」が有名ですね、赤ワインのポリフェノールにも10種類以上あります。

 

動物性脂質を多くとる地域では特に「動脈硬化」を防ぐための手段として、「赤ワイン」が飲まれています、アルコールが苦手の方はお料理用がお勧めです。

より多い「ポリフェノール」を摂るには「白ワイン」よりより

 

「赤ワイン」がよく、週に2〜3回以上、夕食にワイングラスで1〜2杯(約200ml)が目安です。

 

◯ 「イソフラボン」

・・「豆類」に多くリーズナブルなのに「抗がん作用」もあるんです。

 

更年期の女性ホルモンの減少による「心臓病」等を抑える「女性ホルモン」と似た作用を持つ「植物性エストロゲン」の「イソフラボン」を摂ることで発病リスクを下げることができるんです。

 

「イソフラボン」は「更年期障害」や「骨粗しょう症」の予防になり、食事の「コレステロール」も抑えるので美容と健康によいので惣菜として何か一品摂りたいですね。

 

一日の必要量は約40mgで「豆腐」なら半丁「納豆」なら小1パック「きな粉」なら大さじ3杯です。

大豆の「イソフラボン」は食べるとすぐに力を発揮しますが食後7〜8時間でなくなります。

 

◯ 「ケルセチン」

・・耳慣れませんが「タマネギ」「リンゴ」「ブロッコリー」など身近な野菜にもたくさん含まれていて、とても摂りやすく抗酸化作用が高く「血液サラサラ作用」もあります。

 

「心臓病」などの「動脈硬化性の生活習慣病」を予防します。

 

◯ 「フラボノイド」

・・「ナス」「ブルーベリー」「ブドウ」などの色の濃い植物や果実にに含まれます。

「ナス」は「抗がん作用」があり「抗酸化作用」も高いんですよね。

 

◯ 「イソフムロン」

・・お待たせしました。

ホップのポリフェノールで「ビール」に含まれます!

 

ストレスで増える「活性酸素」を減らす「抗酸化力」を持つ「ポリフェノール」は、「アンチエイジング」にもつながります、

早期から始めることで、血管の若さを保つ事ができるので、子どもの頃から「ポリフェノール」を毎日摂る習慣を持たせてあげたいですね。

 

私たちの親は知らなかったから「食育」できなかった、だから「動脈硬化性」の「心臓病」「脳卒中」が多いんです。

未来は変えられます。知識は共有しましょう。

 

けれど今は違います、体にいいことをドンドン子ども達に教えてあげてくださいね。

動脈硬化を予防する抗酸化物質の鍵は「海」にアリ?

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<