悪性高血圧とは、血圧上昇が非常に高く入浴や運動すら危険な位です。

また、上だけでは無く、下の血圧も高めなので日常生活にも影響が出て来てしまう場合が多いです。

 

本態性高血圧であっても上記に似た状態に陥ってしまう事も有りますが、悪性高血圧の場合は、高血圧が原因で腎臓の機能が大幅に低下してしまうのが特徴です。

腎臓の機能が低下してしまうと、血中老廃物や摂取し過ぎてしまった水分を排出する働きや有害な物質を濾過(ろか)する働きが低下してしまうと言う事です。

 

本態性高血圧は悪性に進行する?

本態性高血圧だからと言って悪性高血圧に必ず進行すると言う訳では有りません。

ただ、普段から血圧が高めですので、普段から気を付けているのでしたら、悪性高血圧を発症させてしまう確率はそこまで高くは有りません。

 

悪性だと判断される基準

厚生省の悪性高血圧の診断基準を参考にさせて頂きます。

 

◯ 血圧の下が130以上

◯ 眼底検査時に内出血や動脈硬化の症状が見られる

◯ 腎臓の機能異常の速度が早過ぎる

◯ 頭痛

◯ 嘔吐

◯ 昏睡

◯ 心不全

 

悪性高血圧は何故危険なのか

悪性高血圧を放置してしまった場合、無治療状態なら6ヶ月〜12ヶ月と言う短期間で死亡してしまうと言うケースも少なく有りません。

 

本態性高血圧や高血圧でしたら、合併症などを引き起こしてしまったとしても、発病するのには数十年と言う時間の経過が必要です。

悪性効果的の進行速度がいかに早く、危険視されているかですね。

 

◯ 初期症状について

本態性高血圧とは違い、悪性高血圧には初期症状が有ります。

一般的には、頭痛や嘔吐、視覚障害などが挙げられます。

 

ですが、体質によっては自覚症状等は感じられないまま、何らかの病気が発症してしまった時に医師から告げられて初めて分かったと言う場合も有ります。

 

悪性高血圧がある程度重症化してしまった場合、血圧が高すぎて麻酔が使用出来ないと言う事も有ります。

たまねぎには動脈硬化を予防する効果が有るの?科学的な答えについて

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

本態性高血圧は二次性効果的とは違って原因が分から無い場合や遺伝的な物が大きいのが特徴ですね。

原因が分からない分、日頃から塩分制限や喫煙、飲酒などに気を付ける事も重要です。

 

ですが、気を付けておきたい事は塩分制限などに敏感になり過ぎて必要な量が摂取出来ていない方が意外と多い事です。

特に夏場などは大量の汗が原因でミネラル不足になりがちですし、熱中症の危険性も高いです。

 

塩分制限の危険性

2005年度版「日本人の食事摂取基準」では、成人した日本人の場合、女性で8g、男性で10g未満が望ましいとされています。

本態性高血圧や二次性高血圧と診断されてしまった方の場合は、6g未満とされています。

 

実は、これを実践するのは非常に難しいのが現状だと思います。

そうった場合に有効的なのが、体内の塩分を効率良く体外に排出する働きの期待出来る食品を摂る事ですね。

 

その食品は特別手に入りにくいと言う訳では無く、「カリウム」が豊富に含まれている食品を選ぶ事です。

 

本態性高血圧に有効?カリウムの多い食品

実際は魚介類や漬物などに豊富に含まれているカリウムですが、本態性高血圧で塩分制限を気にされている方には相応しく無いと思いますので、野菜中心に紹介させて頂きます。

 

また、ナッツ類も有りますが、コンビニやスーパー等で販売されている物は塩が降りかけていますので、製菓材料の物か、さっと水洗いしてから摂取する方が良いですね。

 

● パセリ ● 唐辛子

● にんにく ● わさび

● ブロッコリー ● 春菊

● ほうれん草 ● 枝豆

● ひじき ● かぼちゃ

● にんじん ● 里芋

● 自然薯 ● さつまいも

● 長芋 ● アボガド

● ケール ● バジル

● ピスタチオ ● ピーナッツ

● アーモンド ● カシューナッツ

● ギンナン ● ゴマ

● レーズン ● 干し柿

● バナナ ● キウイフルーツ

● メロン ● リンゴ

● いちご

 

あとは、高血圧に効果的だと言われているカルシウムやマグネシウムを意識して摂るとより効果的です。

動脈硬化を予防する抗酸化物質の鍵は「海」にアリ?

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

鎮圧剤は虚血性大腸炎の中でも初期状態の場合に処方される事が多いです。

中期にさしかかる事から後期にさしかかる頃になると、薬物投与では改善出来なくなってしまう事が殆どです。

目的としては、動脈硬化になりかけている血管を拡張する事ですね。

 

進行度合いと降圧剤について

虚血性大腸炎は中期から後期に差しかかる頃になると、動脈硬化などが原因で大腸内の血管が詰まってしまったり、血流が悪化してしまったりしまいます。

また、血流の詰まりや悪化などが原因で大腸の壊死などが始まってしまいます。

 

これ位症状が進行してしまっていては、降圧剤で悠長に血流を改善している場合では有りません。

大腸への血流が途切れ、大腸の細胞自体が死滅して来てしまっている可能性が有るので、ある意味時間との戦いとも言えますね。

 

虚血性大腸炎の治療は大腸自体を休ませない事には話は始まりませんので、入院と手術、絶食などで様子を見ていきます。

栄養に関しては、水分摂取も不可能なので点滴での生活になります。

 

虚血性大腸炎に鎮圧剤以外に処方される薬

鎮圧剤で対処出来る状態の時に、稀に大腸内で軽度の炎症が見られる場合が有ります。

血行不良などで大腸自体の機能が低下してしまう事が原因の殆どですね。

 

これは、内視鏡などで調べる場合よりも、虚血性大腸炎診断時の血液検査で白血球値の上昇などで炎症反応が出て来た場合には鎮圧剤と並行して抗生物質が処方される事も有ります。

 

虚血性大腸炎の本当の怖さ

大腸を完全に休める必要が有りますので、入院が必要不可欠な病気である事、壊死を起こしてしまう危険性が高い事などが挙げられます。

 

更に、大腸の炎症や動脈硬化、壊死などが原因で様々な合併症を引き起こしてしまう可能性が高い事も忘れないでおきたいですね。

動脈硬化を防ぐ為「身体に良い油脂」の取り方について

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

虚血性大腸炎は血液検査の結果に注意しておく事で、発症を未然に防ぐ事や進行を遅らせる事が可能だと言われています。

ですが、次に説明させて頂く値の数値が、血液検査時に上昇してしまったからと言って虚血性大腸炎を発症してしまうと言う訳では無いので注意したいですね。

 

血液検査に何の数値の上昇に注意すべき?

◯ 血沈の亢進(けっちんのこうしん)

はなかなか聞き慣れない言葉かも知れませんが、血沈とは、採血後に試験管内に血液を入れ、赤血球が沈下する時間を計測した物です。

亢進とは、上昇や活性化を意味します。

 

◯ CRP(C反応性たんぱく)

血中のC反応性たんぱくの含有量の事です。

体内で炎症や細胞の異常等が起きてしまった時に増加してしまいますので、血液検査時に高値が出てしまうと言う事は、体内で何かの異常が出てしまっていると言う事ですね。

 

◯ 白血球

血液検査時に血液中の白血球の数が上昇してしまっていると言う事は、体の内外で炎症やアレルギー反応等のような様々な事から戦っていると言う事です。

ですが、虚血性大腸炎だけでは無く、細菌の侵入、白血病、骨髄増殖性疾患などによっても増加してしまいます。

 

◯ 血清アミラーゼ

アミラーゼと聞くと第一に消化酵素を想像されると思います。

このアミラーゼは消化酵素だけでは無く、血液中にも微量に存在しています。

 

主に膵臓(すいぞう)や唾液腺に異常があった場合、血液検査の結果が高くなりますが、虚血性大腸炎の疑いが有る場合にも値が高くなる場合があります。

血清アミラーゼは血液検査だけでは無く、尿検査からも知る事が出来るのが特徴です。

 

◯ LDH(乳酸脱水素酵素)

糖分をエネルギーに変化させる働きの有る酵素で、身体中の細胞に含まれています。

主に臓器系に多く含まれていて、何らかの原因で細胞が死滅してしまった場合、血中のLDH濃度が高くなります。

 

血液検査結果で高過ぎる場合、体内のどこかで細胞が大量に減少してしまっていると考えられます。

虚血性大腸炎が発症してしまい大腸内の細胞が壊死した場合、血中の濃度が高くなります。

 

◯ CPK(クレアチンホスホキナーゼ)

エネルギー代謝に関係する酵素です。

割合的には心筋や骨格筋に多く含まれています。

 

血液検査結果でCPKが高いからと言って虚血性大腸炎の可能性が高いと言う事は可能性としては少ないのですが、数値が高くなる事は有ります。

動脈硬化を防ぐ!「LDL悪玉コレステロール」との関係

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

虚血性大腸炎は酒が原因だと言われても「ピンッ」と来ないと言う方も多いと思います。

発症してしまう原因には「動脈硬化」が深く関係していると言われていて、お酒をどうしても飲み過ぎてしまうと言う人はどうしても動脈硬化予備軍になりがちです。

 

飲酒と動脈硬化

飲酒は「百薬の長」と呼ばれている位なのですが、体質によってはごく少量を摂取をしただけでも体内で有害な「アセトアルデヒド」を生成してしてしまいます。

何が言いたいのかと言うと、この量のお酒を飲んだからと言って「動脈硬化になる可能性が高いので危険ですよ」とは断言出来ないのが難しい所です。

 

理由としては、体質的にお酒に強い傾向が有る人は、血行が良くなる事や、アルコールの善玉コレステロールの増加作用によって、動脈硬化を予防する事が出来るからです。

 

お酒を飲むと肝臓で分解するのですが、連日の摂取量がその人にとって多過ぎてしまった場合、疲労が蓄積して来てしまいます。

そして、思うように肝蔵を修復する事が出来ずに、その機能自体が低下してしまいます。

 

肝機能が低下してしまうと身体を外から侵入して来た有毒な物質を十分に濾過(ろか)する事が出来ず、血管を介して全身に濾過する筈だった悪玉コレステロールが全身にくまなく周ってしまいます。

悪玉コレステロールには動脈硬化を防ぐ働きの有る善玉コレステロールを減少させ、血管内部に蓄積してしまう働きが有ります。

この状態がある程度継続してしまうと、動脈硬化を発症してしまい易くなります。

 

動脈硬化と虚血性大腸炎

虚血性大腸炎は大腸に無数に有る血管が動脈硬化によって詰まってしまったり、脆くなってしまう事が原因で発症してしまう事が多い病気です。

 

放置してしまうと、力むなどで圧力がかかっただけで、血管が裂けてしまいます。

その事が原因で腸の内側に炎症が出来てしまったり、血管の破裂や血管が完全に詰まる事によって壊死等が起きてしまう病気です。

 

その事が原因で腸を切除せざるを得ない状況になってしまったり、最悪死亡事故に繋がる事も少なくありません。

動脈硬化のリスク発見が簡単?「LH比」の算定方法

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

虚血性大腸炎は動脈硬化が大きな原因であると言われていますね。

動脈硬化を発症してしまう原因は食事やストレス等のような様々な生活習慣から引き起こされてしまい、喫煙も大きな原因の一つと言われています。

 

喫煙は習慣化してしまい易く、どうにか改善したいと思っていても長年の習慣を変えると言う事は、非常に難しいのが現状だと思います。

もしも無理なようでしたら、動脈硬化の症状や進行を遅らせたり、改善出来るように違う方向から対処法を試みる方がですね。

 

喫煙が動脈硬化を引き起こしてしまう理由

動脈硬化は文字通り血管の壁がぶ厚く、固く変化してしまう事だと思われてしまいがちですが、血管の内側にコブ状の物が出来てしまったり、それが悪化して血管の一部自体が詰まってしまう事も指します。

 

この血管の内側に溜まる物の多くは「悪玉コレステロール」です。

喫煙は血管内に悪玉コレステロールを蓄積し易い状態にする働きが有り、同時に血管が動脈硬化になってしまう事を防いでくれる「善玉コレステロール」を減少させてしまう働きが有ります。

 

この事が原因で喫煙されている方の多くは、動脈硬化を発症してしまう確率が高いのです。

 

虚血性大腸炎と動脈硬化の関係

大腸が動脈硬化が原因で血液が滞ってしまった状態になり、腸壁の内側の粘膜部分に炎症や潰瘍が出来易い状態になります。

また、大腸周辺の血管が詰まるだけでは無く、非常に脆く破れ易い状態に変化してしまいます。

 

この状態が進行してしまうと、便通時の「いきみ」等だけでも大腸内の血管が裂けてしまう可能性が高くなりますので非常に危険です。

虚血性大腸炎に降圧剤が処方される時はどんな状態?

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

かかとに痛みを感じてしまった場合、仕事等の関係で一日中立ちっぱなしで作業しがちな人は本当に辛いですよね。

それに、「痛風が原因では無いのか?」と不安になってしまうと思います。

 

かかとに痛みを感じているのにも関わらず、まだ歩ける範囲内の痛みであれば、痛風の可能性は低いです。

ここで注意しなくてはならないのは、ある程度続くようならば可能性は低いと言う事であって、急激に痛くなり始めたのでしたら、痛風の可能性は無きにしもあらずと言う事です。

 

この場合は、痛風が発症してしまった事と運動が偶然重なってしまったと言う場合です。

 

痛風の可能性が低い理由

痛風がかかとの痛みとの関連性が低いと言う理由についてですが、痛風は文字通り、風が吹いても痛むと言われている位です。

発症後に立ちっぱなしで過ごす事はおろか、数十メートルを歩く事自体が困難になります。

 

痛風の痛みとなる原因は関節に蓄積する事によって起こる物ですので、かかと自体に痛みが生じてしまう事は有りません。

かかとでは無く、かかと周辺の関節に身に覚えがない痛みを感じてしまった場合は、注意が必要と言う具合です。

 

ここで良く勘違いしてしまいがちなので、今まで座って過ごす日の割合が多い方や、毎日運動らしい運動をされて居なかった方の中で、最近適度に運動された方や半日位立ちっぱなしで過ごされた人は痛風の確率は低いです。

 

どうしても、健康診断などで尿酸値が高めと診断された方に多いのですが、痛みが強すぎて歩行自体が困難になります。

 

もしも、かかとの痛みが続くようなら?

痛風は関節の痛みですので、「足底筋膜炎(そくていきんまくえん)」または「足底腱膜炎(そくけんまくえん)」、「坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)の可能性が有ります。

 

また、かかとの痛みがアキレス腱から来る物であれば、「アキレス腱炎」の可能性も出て来てしまいますので、気になってしまったり、日常生活や仕事に支障をきたす位でしたら、我慢せずに病院受診してみて下さい。

かかとの痛みは痛風が原因?放置するとどうなるのか

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

数日前に急激な運動や負荷がかかっていたり、打ち付けたり捻挫してしまった訳でも無いのにかかとに痛みを感じてしまうと不安になりますよね。

もしも、かかとにだけ痛みが有るのでしたら、痛風の危険性は極めて少ないと言えます。

ですが、特にかかと周辺の関節が痛み、かかとが痛むように感じている場合、痛風が原因である可能性が高く、そのまま放置してしまうと危険なので注意して下さい。

 

かかと周辺の関節に痛みが有る場合

痛風は足の親指に痛みが出てしまう事で有名ですが、体質などが原因で足の親指以外の関節に痛みが出てしまう事も有ります。

特にかかとは、身体全身の重さを支えている事や、睡眠中や椅子に座っている時以外は休息させる事が出来ない場合が殆どですので、かかと付近の関節等はそれだけ症状が出やすいと言う事ですね。

 

なぜ、痛みを放置すると危険なのか

かかとに限定せずに、痛風による関節の痛みは一年に数回現れます。

この状態を放置してしまい、ある一定の期間が経過すると、その症状が消えてしまうのが特徴です。

 

そして、かかと周辺の痛みが発症しては消えてを毎年何回も繰り返してしまうのですが、その間隔は徐々に狭まってしまいます。

ある程度の年数が経過してしまいますと、歩く事自体が困難になり、「風が吹いても痛い」と言う痛風の代表的な症例を引き起こしてしまいます。

 

痛風を発症してしまうと、命に関わる「痛風腎」を発症してしまう可能性が有り、非常に危険ですが、かかとに痛みが出始めた頃にしっかりと対処しておけば、薬に頼らなくても十分に改善出来ます。

かかとの痛みは立ちっぱなし仕事が原因?痛風の可能性は?

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

そもそも指先のしびれに対し、コレステロールがどのようにして関係するのかが疑問だと思います。

私達は年齢と共に酸化し、老化が進んでしまいます。

 

当然、血管も老化が進むと水やりのゴムホースのように弾力性や伸縮性も失われていきます。

その頃にコレステロールを代謝する働きも弱まってしまいますので、固くなってしまった血管の内側に蓄積していき、文字通り「硬化」した状態になってしまいます。

 

それに、心臓から排出される血液量はそこまで変化していないのにも関わらず、血管が固く狭まった状態になると言う事は、非常に危険な状態になる可能性が高くなりますね。

劣化したゴムホースに急激に水を流したり、どこか一部を折りたたんだ状態で急激に水を流すとどうなるかを想像するとイメージし易いと思います。

 

これが、一般的に「動脈硬化」と呼ばれている状態です。

特に指先などは非常に細くて繊細な血管が多く、細い毛細血管にコレステロール等が詰まり易い状態になります。

 

毛細血管に詰まってしまと、指先に「しびれ」等の自覚症が現れてしまう事が有ります。

このように、指先にしびれが出て来てしまうような状態を放置してしまうと、最終的には「脳梗塞」や「心筋梗塞」のように命に関わる病気を発症してしまう可能性が高くなりますので十分に注意したいですね。

 

指先のしびれとコレステロールの関係について

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

喫煙と指先のしびれは、直接には関連性が無さそうに思われると思いますが、喫煙をする事によって、今までバランスを整えてくれていた善玉コレステロールが減少してしまいます。

その事によって、血中の悪玉コレステロールが増えてしまいます。

 

指先のしびれ等は動脈硬化の初期症状として現れてしまっている場合が多く、喫煙は習慣化し易い事からも、決して楽観視出来る事では有りません。

 

何故、喫煙によって指先がしびれる?

日常生活を送る上で、指先がしびれてしまうと言う事は、意外と少ないと思います。

ここで言うしびれは、長時間の正座などが原因で起きてしまう一時的なしびれでは有りません。

時間と共に回復する指先のしびれでは無く、時間と共に悪化し、命に関わるしびれです。

 

喫煙する事によって血中には一酸化炭素が多く溶け込んだ状態になり、私達の身体に備わっている血管を拡張する働きが弱まってしまいます。

また、血液の酸化が促進され全身の細胞が老化してしまい、悪玉コレステロールを抑える働きが弱まってしまいます。

 

それに、血液中の「糖」や「脂質」を代謝する働きや、血液を凝固させる働きが大幅に低下してしまいますので、どうしても血行不良が起きてしまい、指先にふるえが起きてしまうと言う訳ですね。

 

ここで勘違いしてしまいがちなのが、この震えは喫煙による指先の震えですので、禁煙開始時の指先と間違わないようにしたいですね。

動脈硬化を予防する抗酸化物質の鍵は「海」にアリ?

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<