・手足の指先が妙に冷たくてしびれ蒼白になる。

・静脈に沿って痛みや発赤が出る場合もある

・しばらく歩いていると足が異常に痛み、休むとまた歩けるようになる。

 

これらはビュルガー病(バージャー病)の症状ですが、「閉塞性動脈硬化症」と非常に似ているのが特徴の一つです。

糖尿病の合併症として診断されている方も喫煙者ならご注意ください。

 

ビュルガー病(バージャー病)の患者に共通する因子として男性の喫煙者(受動喫煙を含む)が非常に多い難病で、公費対象になります。

安静でも激痛がある場合も、足の「潰瘍」が悪化してから気づく場合もあります。

 

ビュルガー病(バージャー病)を放置すると潰瘍の皮膚や指までが欠損して「壊死」を起こります。

軽い症状から順に起こるのではなく、いきなり潰瘍から壊死してきて病院に運ばれる場合もあります。

 

ビュルガー病(バージャー病)は「閉塞性血栓血管炎」略してTAOです。

手足の末梢血管が閉塞することで末梢に運ばれる血液が足りず組織に低酸素状態が続くことで起こります。

 

最近のビュルガー病(バージャー病)の患者数は約8000人と推定され、認定基準によっては難病指定され公費対象になります。

主治医の判断を仰いでください。

 

ビュルガー病(バージャー病)は遺伝性ではなく、発症は20代〜40代の男性に圧倒的に多く原因は不明です。

手足の指先の微細な血管の炎症によるもので、殆どの患者に喫煙(受動喫煙)歴があることが共通しています。

 

ビュルガー病(バージャー病)の治療法には、薬物療法や高圧酸素療法、交換神経節ブロック、交感神経節切除手術も行われます。

改善が見られない場合は、バイパス手術等で血行再建手術がおこなわれます。

 

喫煙が起因ではないかとされ受動喫煙を含め禁煙が治療の基本です。

感染症が心配されるので手足の清潔、保護、適度な保温が必要です。

 

昔は「特発性脱疽(だっそ)」として手足の切断もありましたが、「禁煙厳守」と「早期治療」で重症化を防ぐことができます。

喫煙者だけでなく同室の人にも発症するビュルガー病(バージャー病)は禁煙で防げます。

 

喫煙は間接的な殺人行為です。

もう禁煙しましょう。

指先にしびれを感じてしまうのは何故?喫煙との関係

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

ウォーキングは「悪玉コレステロール」を減らすだけでなく「善玉コレステロール」を増やす効果があります。

動脈硬化も抑える生活の中の有酸素運動をあなたらしく探してみませんか。

 

同じストレッチをするにも「運動効率が高い筋肉(面積の広い筋肉)」を意識して使うと短時間に有効な有酸素運動ができます。

毎日何セットものストレッチは順番を覚えるだけでも大変ですよね。

 

時間をつくるのも大変ですし「やらなきゃ」がストレスになります。

日本人に一番多い「A型的な気質」が動脈硬化を加速させていると言われます。

仕事だけでなく「自分の身体にいいこと」も続けると、動脈硬化対策だけでなくアンチエイジングや認知症の予防にもなっていきます。

 

一日の中でのいろいろな「移動時間」たとえば会社からの「帰宅時間の一部」や「車や自転車に乗らないお買い物」等をウォーキングタイムに変えるだけでかなりの有酸素運動になり生活習慣病も防ぎます。

 

1日3kmをキビキビ、サッサと歩くことで体調が整うと言われますが、無理をしないことが一番大事です。

どこかに痛みが出たり体調が悪い日、天候が悪い日、休みましょう。

 

一週間に2,3回でもいいんですから。

始めから3kmにこだわらないでゆっくりと呼吸を整えるお散歩からスタートすると、いつの間にか息が上がらなくなり、距離も伸びてきます。

 

身体が慣れるまではスピードより継続、慣れてくると不思議と歩きたくなって、意識しなくてもポーズまできまってきますよ。

ウォーキングは運動効率が高い太ももの筋肉を使うことで、走らなくても効率よく有酸素運動ができ「善玉コレステロール」を増やすんです。

 

腕を動かすことで運動効率の高い筋肉「僧帽筋」をユッタリと動かし、「太極拳」のように呼吸を整えるのも日常に取り込める有酸素運動になりますね。

でも、病気治療中の方は先に主治医の先生にご相談下さい。

 

ウォーキングで身体が引き締まるのは適度な運動を持続することで、体内の酵素「リパーゼ」が活性化し「善玉コレステロール」を増やし「悪玉コレステロール」を減らす作用によるものです。

食品だけで悪玉コレステロール値を下げることが難しくても有酸素運動なら可能になり、血流がよくなり柔軟性を増すので動脈硬化を抑制します。

 

これによってダイエットできて動脈硬化も防ぎます。

動脈硬化を防ぐ為「身体に良い油脂」の取り方について

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

「悪玉コレステロールのLDL」と、「善玉コレステロールのHDL」の2つの数値の比率を動脈硬化の指標にするのが「LH比」です。

定期健康診断の血液検査の結果では「悪玉コレステロール」は心配するほどの数値ではなく「善玉コレステロール」も結構多いとなると安心してしまいます。

 

なのに、動脈硬化の検査で動脈硬化症と診断される場合があるんです。

こういう例があって「動脈硬化症」の危険度がわかる数値がないかと考え出された目安が「LH比」です。

 

「LH比」は「LDL」と「HDL」の比率によって導き出される「LH比」が高くなると動脈硬化のリスクが高まり、1.5以上の比率になると動脈硬化が進んでいる危険があると見られます。

「LH比」の計算法は「LDLコレステロール」÷「HDLコレステロール」で算定されます。

 

「LH比」が1.5以下で維持できるような生活習慣の改善の目安にもなりますね。

動脈硬化の危険度を数値化することで生活改善し、経過観察しながらさらに健康増進につながる自己管理できますね。

 

「要医療」で治療を続けている方も日常生活での食生活改善や、適度な有酸素運動、禁煙等は他の生活習慣病を予防するでも必要です。

動脈硬化はほとんどの人に見られる血管の状態です。

 

加齢によって急に現れるものではなく「生活習慣による病」です。

「脂肪分のとり方や運動等の生活習慣」が原因の動脈硬化症を予防することは生活改善で可能だということなんですね。

 

若いうちから「適量で良質な脂肪摂取」を食生活に取り入れることを習慣にすることで、一生涯健康でアンチエイジングな生活ができます。

血管を酸化させる「活性酸素」に負けない「抗酸化作用」を持つ食材は意外に多いものです。

 

知ることで積極的に健康増進しましょう。

動脈硬化を防ぐ為「身体に良い油脂」の取り方について

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

『「リノール酸」は身体に良かったかな、悪かったかな?』

脂肪酸もこれだけいろいろ出てくると、どっちだったかわからなくなりますね。

 

「LDL(悪玉)コレステロール」を形作る「リン脂質やエステル」には「n-6系不飽和脂肪酸(リノール酸、アラキドン酸等)」や、「n-3系不飽和脂肪酸(魚に含まれるEPAやDHA)」が含まれています。

 

血液中に流れる「LDLコレステロール」を形作る材料として使われる物質を利用して「LDLコレステロール」に入りこむ事が可能になります。

EPAやDHAが「LDLコレステロール」に入る作用によってEPAとDHAの「血栓をできにくくし血管の収縮を抑えて丈夫にする」特性を持った「LDL(悪玉)コレステロール」ができるんです。

 

この作用によってEPAとDHAが悪玉コレステロールを減らすと言われているわけです。

メカニズムを知ると「なるほど」ですね。

動脈硬化を抑制できる「LDL(悪玉)コレステロール」は、食が欧米化しても魚や甲殻類も多く食べる日本の食生活は、欧米人よりもEPA、DHAを摂る量が多いため、欧米人より動脈硬化を起こしにくくしている。

 

日本人でも魚嫌いでEPAやDHAを摂取しない場合は欧米人のように動脈硬化を進行させてしまう危険度が高いです。

日常的に魚を食べる、あるいはEPAやDHAをサプリメントで摂っていけば「LDLコレステロール」の質を向上できるので、「悪玉コレステロール値」が下がり「善玉コレステロール値」が上がりますね。

 

食生活の改善が現在難しい方や、魚がどうしても好きになれない方には、EPA、DHAをサプリメントで摂ることも可能ですね。

「LDLコレステロール」になってしまうリノール酸は取らなくてもいいのではなく、必須脂肪酸であり身体には一定量は必要なんです。

 

「リノール酸」は体内で脳梗塞や心筋梗塞の原因になる血栓を作る「アラキドン酸」に変化してしまうので控えたほうがいいとされます。

 

血栓を溶かすEPA、DHAになる「α-リノレン酸」は「しそ油」や「えごま油」に豊富ですが、EPA、DHAを摂るにはサプリメントが良さそうですね。

指先のしびれとコレステロールの関係について

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

「身体にいい油脂」の摂り方を知る事で、動脈硬化を防ぎましょう。

油脂に含まれる抗酸化作用が血管を強くしなやかにする力を持っています。

揚げ物の衣にしみこむ油は予想以上に多いですね。

 

「オレイン酸」の多い「オリーブオイル」や、「セサミノール」が含まれる「ごま油」は抗酸化作用がある油分で血管をいたわりながら動脈硬化を防ぎます。

どちらも高価ですが炒め油を少なめにして仕上げに垂らすと独自の風味も保たれます。

 

身体にいいですが少なめの量でも十分ですよ。

同じ動物性脂肪でも脂の乗った青背のお刺身にかえると身体にいいです。

動物性脂肪でも魚たとえば「真冬のカンパチの刺し身」の脂はいかがでしょう。

肉だけでなく魚の脂も中々ですよ。

 

ナッツ類に含まれる「パルミトオレイン酸」は血管を強くし、血中の悪玉コレステロールだけを減らすことが出来、動脈硬化を防ぎます。

「日本人型脳卒中」の原因になる高齢者の脳血管の栄養失調を防ぎます。

市販の「ピーナッツペースト」には無糖タイプもあり便利ですよ。

 

「松の実」は空気や熱でも酸化されにくい希少な「ピノレン酸」が含まれています。

コレステロールも中性脂肪も抑えることがで、急激な血圧の上昇も抑えるのでオツマミには最高なナッツですね。

 

油物を食べる時は食物繊維の「海藻類」もバランスよく取りましょう。

腸にくっついた多すぎるコレステロールを巻き取って排泄されます。

動脈硬化を抑える食品は以外に多いので、いろいろな食材を少しづつ摂ることも大事ですね。

 

「ポリフェノール」は血管の酸化を抑え動脈硬化を抑えます。

「ビタミンE」や「βカロチン」が多い食品も血管の酸化を防ぎます。

油脂の多い食事にはお酒が水分になる方も多いですね。

 

こんな時ほど血液中の水分が多いほうが血圧の上がった血管にも優しく血流もスムーズになります。

 

進んで水やお茶等も多めに飲むことをおすすめします。

かかとの痛みは立ちっぱなし仕事が原因?痛風の可能性は?

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

「階段の登り降りで動悸・息切れがする」

「重い荷物を持ったり布団干しをするときに息苦しくなる」

実はこれ、心臓の動脈硬化が進んでいる症状なんです。

 

動脈硬化は子どもの頃の食習慣によってすでに始まっています。

発症年齢が中年期だった動脈硬化症の低年令化が進んでいます。

高脂血症、高血圧症、運動不足、喫煙等は生活改善で対策できます。

 

目の敵にされている「中性脂肪」や「コレステロール」ですが、どちらも身体に必要で全く脂分を撮らないと生命維持ができません。

青い魚の脂肪には抗酸化作用がある「EPA」や「DHA」が多く、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らして血流をサラサラにし、脳卒中の抑制や脳神経の活性まで上げます「生サバの塩焼き」の脂が身体にいいんですね。

 

蟹や海老の殻にある赤い色素「アスタキサンチン」は他の海の幸にも含まれる抗酸化物質で、美味しく食べて動脈硬化症の予防にもなります。

一年中入手できる鮭なら「アスタキサンチン」が摂りやすいですね。

「鮭ピラフ」や「鮭のムニエル」なら洋食にも合いそうです。

 

油やビタミンCと相性がいい「アスタキサンチン」は「野菜炒め」にすると抗酸化作用が上がり動脈硬化だけでなくアンチエイジングにもなります。

動脈硬化はお家での食生活も大切になります放置せず、治療と経過観察を続けていけば発病は食い止められます。

 

動脈硬化は誰にでも起きていますが、一生発病させないことは可能です

肉類の脂を食べ過ぎると血液中に増え血管内に付着します。

「活性酸素」により酸化した脂が血流で血管壁にすり込まれてしまいます。

 

動脈の血管が酸化してもろく動脈硬化するのが「アテローム性動脈硬化症」で、食生活の欧米化以来、動脈硬化症の原因になっています。

動脈硬化は誰の血管にも起こっているものですが、「動脈硬化症」として「発症する人」と「しない人」がいます。

 

適度な食事は「動脈硬化」だけでなく他の生活習慣病も防げます。

毎日のお食事も、どうぞ、お大事になさってくださいね。

かかとの痛みは痛風が原因?放置するとどうなるのか

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<