シュワーベギンコの主成分であるイチョウ葉エキスは、血液循環を円滑にする働きがあり、認知症や痴呆症の予防や改善にも大きな期待が出来ます。

ドイツ等のヨーロッパを中心として世界で55カ国以上の国が、イチョウ葉エキスを「医薬品」として認めています。

 

また、歴史としては16世紀の始めからイチョウ葉エキスを治療に利用しており、非常に歴史の長い成分の一つでもあります。

それ程までに、イチョウ葉エキスの効果が認められているにも関わらず、日本ではイチョウ葉エキスは「健康食品」としてしか扱われていません。

 

 

なので、シュワーベギンコのイチョウ葉エキスは、健康食品としてのカテゴリーに分類されていますね。

この事が原因で健康食品としてのイチョウ葉エキスの粗悪品が多く、服用しても期待する効果が得られないと言う場合も多いです。

 

医薬品として認められるには、専門的な施設や設備が必要不可欠で、簡単には有効成分を抽出する事は出来ません。

なので、単なるイチョウ葉エキスでは、痴呆症や認知症の予防や改善、末梢動脈閉塞症、血行不良による手足の痺れの改善、動脈硬化の予防や改善、生活習慣病の予防や改善、耳鳴りの改善、めまいや立ちくらみの改善、等の効果は期待出来ません。

 

イチョウ葉エキスは日本で生成する事は難しく、ドイツにある「シュワーべ製薬」が医薬品として登録しています。

 

規格基準が非常に厳しく、その安全性や有効性、薬事法等の膨大な研究等を経て合格した物が「シュワーベギンコ」として販売する事を許可されています。

シュワーベギンコの効果について ほんとに効果有るの?

 
>>シュワーベギンコの詳細はこちらです<<