産業技術総合研究所の開発によって指先に光を数秒間当てるだけで、採血せずに血中の「中性脂肪」が測定できる医療機器が、一部医療機関で導入されるみとうしです。

まずは医療機関への導入のみとなりますが、家庭用「中性脂肪」計測装置も開発の予定です。

 

「心臓病」「脳卒中」の予防にも役立つ「中性脂肪」の計測が、採血せずに自宅でデータ管理できるとあって注目を浴びています。

採血してもすぐには検査結果の出ない「中性脂肪」が血圧計のような家庭用で普及すれば、外出前の「中性脂肪」チェックで無理せず予定を組み直すこともできますね。

 

「忘年会」「新年会」「歓送迎会」はなかなかお断りできない飲酒が多く、それが引き金になっての発病も多発します。

チェックすることで危機回避できるかもしれませんね。

 

いろいろな食事を摂ると思った以上に「動物性脂肪」を摂っている場合がありますね。

「中性脂肪」を低下させるものには「EPA」が知られサプリも利用されていますね。

 

「中性脂肪」値の観察が必要なのは「外食」の多い人だけではありません。

会社の定期健康診断を受けることのない自営業の方や主婦、若年層の体調管理にも手軽に役立ちそうですね。

 

メタボリックシンドロームの診断にも使われる「中性脂肪値」は「動脈硬化」だけでなく「糖尿病」「脂質異常症(高脂血症)」の予防にもなります。

家庭での食生活改善の効果を数値化できたり、ウォーキング等の有酸素運動のに取り組みの励みにもなりそうですね。

 

「中性脂肪」を「数値化」することで医療機関との連絡にも便利でしょう。

医療機関までのアクセスが不便な方の負担軽減にもなりそうです。

 

まずは、2015年度の医療機関への導入を目指して進められており、家庭用の登場もそんなに先のことではなさそうですね。

「生活習慣の改善」は「自問自答」の繰り返しで疲れますから「中性脂肪」が計測できれば「これでいいのかな」に答えが出て「不安解消」できそうですね。

 

「肥満」や「カクレ肥満」が気になる方も多いので普及率が高そうですね。

久々のヒット商品になりそうで実用化が待たれますね。

動脈硬化を予防する抗酸化物質の鍵は「海」にアリ?

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<