「悪玉コレステロール値」が高いと「動脈硬化」が気になりますね。

考えていてもキリがないので調べてみましょう。

適切なケアができるように簡単な検査があるんです。

 

「動脈硬化の治療が必要かどうか」

が気になるだけの方も気軽に受けられるABI、PWV検査は、もちろん定期的に利用すれば「動脈硬化」を「自己管理」するのも可能ですね。

 

血液サラサラのために「タマネギ」「香味野菜」「しめじ」「海苔」「魚」など「動脈硬化」や「血栓予防」の食材があります。

おいしく「医食同源(いしょくどうげん)」しましょう。

 

50歳以上のほとんどの皆さんはすでに「動脈硬化」しています。

どこで食い止めるかです。

「生活改善」することと「必要な治療」を受けることで発病を「予防」できます。

 

手と足の血圧を同時に測定することで動脈硬化がどの程度進行しているのかを数値化して「治療」の目安にするのがABI検査とPWV検査です。

 

◯ ABI検査は両手と両足の4箇所の血圧を同時に計測して心臓から押し出された脈の4箇所への伝わり方から「動脈硬化」の程度を調べます。

安静に仰向きで安静にするだけで「動脈硬化」がそれぞれどのくらい進んでいるか分かり、動脈血管の障害の早期発見も可能になりました。

 

動脈硬化症で一番多い「アテローム動脈硬化」の進行の度合、血管内が狭くなって血液が流れにくくなる狭窄(きょうさく)の程度や、血管内の「酸化したLDLコレステロール」等がはがれ「血栓」になって流れ血流を止める「閉塞(へいそく)」の有無が推定できます。

 

◯ PWV検査は心臓から押し出された脈拍が動脈を通って手や足に届くまでのスピードで計測します。

動脈が「硬くなったり」「分厚くなって」いるとスピードが早まります。

 

心臓から送り出される血液が手足へ到達するまでの時間を計測します。

数値が高いほど「動脈硬化」が進行していることが分かります。

 

◯ ABI-PWV検査は二つを同時に計測します。

計測方法は心電図の計測に似ています。

 

仰向けに横になって両手足に血圧計の帯をまき、心電図の電極、心臓の動きを知るための心音マイクを装着して5分程度計測します。

 

ABIの測定値が0.9以下なら動脈硬化が疑われ、年齢にもよりますがPWVの測定値が13.5以上ある場合は「動脈硬化症」の進行が推定され、「クモ膜下出血」「脳梗塞」「心筋梗塞」「狭心症」になりやすい状態で、「高血圧」の場合は血管を保護する治療法の検討にも使われます。

 

ABI、PWV検査は「動脈硬化」治療の必要の有無の判別にも簡便で、身近な病院でも備えやすく、5分程度で身体の負担もないのがいいですね。

 

「治療の必要はない」としても「食習慣の見直し方」と「運動の仕方」は個人的に医師の指導を受けておきましょう。

 

「塩分」「糖分」「刺激物」など「人それぞれに合った食事」や「人それぞれのコンデションに合った運動」はお医者さんでないと分からないのでしっかりメモしておきましょう。

 

今だからできる楽しいことがたくさんありますよね。

たくさんの人が「EPA」などの「血栓予防」をしながら「旅行」や「趣味」も楽しんでいます。

 

あの人もこの人も持っているのが「動脈硬化」。

これからですよ、これから!

動脈硬化はワカメで解決?悪玉コレストロールを減らそう

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<