「酒を飲むなら、百薬の長」・・

飲み会が続くとお酒の飲み方にも工夫が必要ですよね。

 

適量の飲酒は善玉コレステロールを増やし「動脈硬化」を予防します。

「ほろよい」での「会話」や「カラオケ」でアルコールが抜ければ肝臓の負担も減りますね。

 

適量のお酒をゆっくり飲むと血管が無理なく隅々まで拡張するので心臓の負担が減ります。

「カテコラミン」の分泌が低下してストレスと一緒に心臓もリラックスできます。

 

「カテコラミン」という「ストレスホルモン」は適量の飲酒で分泌が低下しますが、お酒を飲み過ぎると多く分泌されるので、心臓がバクバクしたり、怒り出したりします。

お酒を飲み始めた時はおとなしかった人が豹変して失敗するのも「カテコラミン」の増加のせいかもしれませんよ。

 

飲み会シーズンはお酒の飲み過ぎに注意しないと「カテコラミン」でえらいことになっちゃいますからね。

「酒は飲むもの、飲まれるな」とも言いますね。

「カテコラミン」増加注意報発令。

 

悪酔いしない「おつまみ」って?

「ナッツ」や「チーズ」をまず食べておくと「悪酔い」しませんよね。

血圧の急上昇を抑える「ナッツ類」を乾杯の前につまんでおきましょう。

 

「お行儀悪いですよ〜」といわれたら、「酔い止めに食べときなさ〜い」と勧めてあげてください、次の日感謝されますよ。

「おつまみ」を上手につまめる人は「出世」するそうですよ。

 

冷静に周りを見ながら楽しく飲める、泥酔者をタクシーにエスコートしているのもカッコよくて尊敬されますよね。

出世する人の「おつまみ」は・・

 

お酒の特性を生かして「おつまみ」も選びましょう。

「ポリフェノール」が豊富な「赤ワイン」には「白ワイン」の約8倍も含まれ、「悪玉コレステロール」の「酸化」を防ぐので「高コレステロール食」の「おつまみ」も選べます。

 

「酸化した悪玉コレステロール」は血管壁に付着し「動脈硬化」の原因になります。

「ポリフェノール」が多い「赤ワイン」は適量を毎日飲むと「美肌」にもいいんです。

 

「ビール」には塩分の多い「おつまみ」でも「利尿作用」が強いので余分な「塩分」を早めに排泄することができますからフライドポテト、イカの塩辛なんかが出た時にいいですね。

 

まず注文したい「とりあえず」なメニュー・・

居酒屋メニューに必ずあるような「おつまみ」で「コレステロール」を下げ「抗酸化作用」が多い一品はなんでしょうか、メニューを見ながら「なんにする〜」なときはどうぞ。

 

「APE」や「DHA」の多い「魚の刺身」「スモークサーモン」「タコの酢の物」など、「タウリン」の多い「貝類のぬた」「酢牡蠣」など・・・

「イソフラボン」も「コレステロール」を下げるので、豆腐製品の「冷奴」「湯豆腐」「厚揚げ」や「枝豆」もいいんです。

 

「百薬の長」な「適量」の国際水準とは・・

お酒は適量をゆっくり飲むものです乾杯のビールは一気に飲まないでくださいね。

 

最初から勢いよく飲む人ほど興が乗って楽しくなった頃には、上着をかけてもらって「沈没」しているものです。

「悪酔い」すると人間性まで否定されますから「おつまみ」が大事です。

 

世界有名60地域で調査されたお酒の適量とは、一週間のアルコール総摂取量は300グラム以内、平均すると一日40グラムなんだそうです。

「ビール」なら大瓶一本強、「日本酒」に換算すると2合弱、そして、一週間に2日は休肝日を設けましょうと言う事になっています。

 

大丈夫ですか?どうでしょうか〜

「おつまみ」を上手く摂り「適量」のお酒で「百薬の長」で健康に、酔いざめ爽やかに朝からスッキリと「飲み会シーズン」を乗り切りましょう。

動脈硬化のリスク発見が簡単?「LH比」の算定方法

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<