「抗酸化作用」が高い「ポリフェノール」は色々な食材に含まれています。

細胞を酸化させる「活性酸素」を抑え「動脈硬化」の抑制や「アンチエイジング」にも力を発揮します。

 

また、血中で「悪玉コレステロール」を減らし「善玉コレステロール」を増やすんですよ。

これも「ポリフェノール」だったの!・・

 

◯「カテキン」・「タンニン」

・・緑茶の「エピガロカテキンガレート」は身体が吸収するコレステロールを減らし排泄を促進させる嬉しい作用があります。

 

「脂っこいメニュー」には「濃いめのお茶」がヘルシー。

日常的な水分として飲み続けるだけで生活習慣病も予防します。

 

「緑茶」の「カテキン」の抗酸化力は「ビタミンE」の20倍!

そして、5〜6時間経過しても抗酸化力が低下しにくいんです。

 

朝いれた水筒のお茶パワーはお昼過ぎまでになります。

「急須(きゅうす)」を知らない子もいますが「お茶をたしなむ」と、もてますよ〜。

 

◯ 「アントシアニン」

・・「イチゴ」「ナス」「ブドウ」などに含まれる赤や紫の色素成分で、「赤ワイン」が有名ですね、赤ワインのポリフェノールにも10種類以上あります。

 

動物性脂質を多くとる地域では特に「動脈硬化」を防ぐための手段として、「赤ワイン」が飲まれています、アルコールが苦手の方はお料理用がお勧めです。

より多い「ポリフェノール」を摂るには「白ワイン」よりより

 

「赤ワイン」がよく、週に2〜3回以上、夕食にワイングラスで1〜2杯(約200ml)が目安です。

 

◯ 「イソフラボン」

・・「豆類」に多くリーズナブルなのに「抗がん作用」もあるんです。

 

更年期の女性ホルモンの減少による「心臓病」等を抑える「女性ホルモン」と似た作用を持つ「植物性エストロゲン」の「イソフラボン」を摂ることで発病リスクを下げることができるんです。

 

「イソフラボン」は「更年期障害」や「骨粗しょう症」の予防になり、食事の「コレステロール」も抑えるので美容と健康によいので惣菜として何か一品摂りたいですね。

 

一日の必要量は約40mgで「豆腐」なら半丁「納豆」なら小1パック「きな粉」なら大さじ3杯です。

大豆の「イソフラボン」は食べるとすぐに力を発揮しますが食後7〜8時間でなくなります。

 

◯ 「ケルセチン」

・・耳慣れませんが「タマネギ」「リンゴ」「ブロッコリー」など身近な野菜にもたくさん含まれていて、とても摂りやすく抗酸化作用が高く「血液サラサラ作用」もあります。

 

「心臓病」などの「動脈硬化性の生活習慣病」を予防します。

 

◯ 「フラボノイド」

・・「ナス」「ブルーベリー」「ブドウ」などの色の濃い植物や果実にに含まれます。

「ナス」は「抗がん作用」があり「抗酸化作用」も高いんですよね。

 

◯ 「イソフムロン」

・・お待たせしました。

ホップのポリフェノールで「ビール」に含まれます!

 

ストレスで増える「活性酸素」を減らす「抗酸化力」を持つ「ポリフェノール」は、「アンチエイジング」にもつながります、

早期から始めることで、血管の若さを保つ事ができるので、子どもの頃から「ポリフェノール」を毎日摂る習慣を持たせてあげたいですね。

 

私たちの親は知らなかったから「食育」できなかった、だから「動脈硬化性」の「心臓病」「脳卒中」が多いんです。

未来は変えられます。知識は共有しましょう。

 

けれど今は違います、体にいいことをドンドン子ども達に教えてあげてくださいね。

動脈硬化を予防する抗酸化物質の鍵は「海」にアリ?

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<