「食育」は「家族」から「子ども達」への「一番大きなプレゼント」かもしれませんね。

おとなになってから蓋が開く仕掛けのうれしい宝物・・

 

それが「食育」。

「生活習慣病」の原因で多いのが脂の摂りすぎによる「動脈硬化」からくる「心臓病」「脳卒中」も子どもの頃から「食育」することで予防することも可能なんですね。

 

子ども達が「家族」を実感するのは団らんの食事のようですね、

肉団子が転がったというだけで笑い、つられてみんなが笑いだす。

そういうことの積み重ねがいいんですね。

 

一人で食事を摂る子ども達は「摂食障害」を起こしやすいんですよ。

家族が誰一人として子ども達の変化に気づいていないということが世界的にもとても深刻なんです。

 

バブル全盛期には日本にもこのケースが多くて「摂食障害」がテレビでも取り上げられましたね。

不景気になって密着度が高くなった家庭が増えたことはうれしいことです。

 

「太った」と「食べたふり」をするのが「拒食症」の始まりです。

「食育」ができていれば不健康の怖さを知っていますし、家族が見ているので異変に気づきます。

 

痩せたいという意志が強ければ健康的な減量のサポートもするのが家族ですね。

「過体重」でじわじわ体重が増え続けるのは家族から離れた場面での飲食が疑われます。

 

「子どもには子どもの付き合いがある」んだそうですが改善が必要です。

意外ですが本人は自分がどのくらい太ったか見ていないんです。

 

夜間の室内のサッシに全身が移って、悲鳴を上げてから食べる量が減った子もいます。

結局は、自分から改善する方法を探す気にさせるこのままでいくとどうなるか、という将来の予想図を健康面と、美容面からとつとつと怒らないで話し合うことです。

 

太りすぎても痩せすぎても危険なんだという話をすると

「そんな病気になっちゃうの〜」

「何で教えてくれなかったの〜」

「死んじゃうじゃな〜い」

「助けてよ〜」・・

 

子どもには知らないことがいっぱいです。

年齢相応の知識を披露したり修正してもらったりする場が団らんの食事ですね。

思春期までの数年間です何をおいても共に語りましょう。

 

正しい食生活を通して「なんで?」が出てきますね。

それに答えると「食育」ができます。

そのうちに、見よう見まねで料理は伝承されますね。

 

いつの間にか自分でほうれん草のお浸しを作っておかかをかけて食べていたりします。

お料理ができると一生不自由しませんよ。

 

今、自分に必要な食材は何なのか・・

「楽しく」「元気に」人生を送るための丈夫な器官や骨格が作られる大事な時期にはAPEやDHAなどの良質な「脂質」も必要です。

 

楽しく栄養バランスが取れるようなメニューを用意することも家庭ならではの「食育」ですね。

忙しいご家庭ではごま油を仕上げに使った「筑前煮」がお勧めです。

 

いろいろな野菜や乾物を買ってきてなるべくたくさんの材料を使うと栄養バランスのいい一品になりますよ。

魚は「ムニエル」にすると洋食になるので喜んでたべますよね。

 

魚の脂は脳神経の活性化にも役立ち、魚料理が好きになると「動脈硬化」対策にもなります。

野菜は火の通し加減を「硬め」や「柔らかめ」に替えるとよく食べるようになったりもしますね。

 

「どっちが好き」もコミニュケーションになり、子ども達の心のごちそうです。

野菜ジュースもいいでし適量のバナナやリンゴで便通がよくなり、腸内のコレステロールを減らします。

 

「食育」の先生はご家族が一番いいですね、生活習慣病にならない身体を作ってあげたいですね。

ご家族もいつまでも若々しくいてあげてくださいね。

動脈硬化とEPAの関連性、どれ位重要なのか

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<