「動脈硬化」はほとんどの人の「動脈」に起こります。

そして、死亡率の高い「心臓病」や「脳卒中」はほとんどが「動脈硬化性」の病気なんです。

 

さらに、「心筋梗塞」と「脳梗塞」は「動脈硬化」が進んで「血栓」が流れて行って血管をふさぎ、「酸素」などが届かなくなることで「脳」や「心臓」の一部が壊死します、手遅れになると死亡率が高くなりますが、「動脈硬化」が進行しなければ予防できる生活習慣病です。

 

◯「心筋梗塞」「脳梗塞」は「血栓予防成分」で対抗

研究が進み「動脈硬化」の原因と予防法が分かってきました。

これを利用しない手はありませんね。

 

最初は脳を活性化することで脚光を浴びた「EPA」と「DHA」が「動脈硬化」を抑える作用があることがあきらかになっています。

 

「動脈硬化」の進行は抑えることができます。

「LDLコレステロール」を減少させる作用で知られる「不飽和脂肪酸」の「EPA」と「DHA」が豊富な「青背の魚」をメニューに持ってくると、食材から「HDLコレステロール」を増やせます。

 

「EPA」や「DHA」を毎日積極的に摂ると「HDLコレステロール」が増え「サラサラ血」になっていくことが分かっています。

「血栓」にならないので「心筋梗塞」「脳梗塞」も予防できます。

 

◯ EPAって?

「EPA」は「中性脂肪」を低下させる作用が特に強く「中性脂肪値」が高い方も、日常的に摂ることで「ドロドロ血」を「サラサラ血」にして「血栓予防」をします。

 

「LDLコレステロール」や「中性脂肪」で血液が「ドロドロ血」になるのを抑え、「血小板」のからみつきを防ぐ「血栓予防」で「心筋梗塞」「脳梗塞」を予防します。

 

◯ 大トロ、カンパチ、ヘイ、オマチ!

どうしても「脂」が好きな方なら「霜降り肉」を「トロ」や「あんこうの肝」などに置き換えることで魚の「脂」で「サラサラ血」に食の改善が可能です。

 

御鮨(おすし)なら摂りすぎないので週に2,3回はつまめますよ。

肉を魚に置き換えると「血栓予防」になります!

 

◯ 海辺の人なら「動脈硬化」しないのかな?

すでに研究されていました、「動脈硬化」の出現率は同じくらいなんですね。

ただ「動脈硬化」の進行が食い止められていて「心筋梗塞」や「脳梗塞」の発症率が低いんです。

 

他の地域の人と同じく「動脈硬化」していても「EPA」「DHA」を日常的に摂ることで「動脈硬化」が悪化しにくく「血栓」もできにくいことで「心筋梗塞」「脳梗塞」は少ないんです。

 

血管がすでに「動脈硬化」していても、毎日の食事改善で健康的な「サラサラ血」を持続して、階段が怖くなくなったら、軽めの有酸素運動もリラクゼーションにいいですね。

 

「動脈硬化」は50歳以上になればほとんどの人に見られます。

子どものころからの「動物性脂質」の摂り方に原因があると言われています。

「動脈硬化」は血液中の「LDLコレステロール」が多すぎることから起こります。

 

これからの時代を生きる子ども達には大人が教えてあげることで予防できる生活習慣病です。

是非、活用して「食育」から未来の大人たちがより活動的に健康な毎日を送れるようにしてあげたいですね。

 

たくさんの方がそれぞれ、通院しながら家庭での食生活改善を続けておられるんですよ。

お薬や、外科手術後も結局は家庭生活の改善が一番大事になります。

 

外科手術をすれば治るのではなく血液が固まりにくくするお薬のように一生ケアは必要です。

でも、いろいろな手術を受けても、そうだと知らなければ気づかないくらいになって退院されます。

 

きっと身の回りにもおられますよ。

動脈硬化とポリフェノール、手軽に摂れるもので改善

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<