「血栓」を防ぎ、血管の詰まる「梗塞」を防ぐ香味野菜があります。

「ピラジン」は身近な食材に含まれ「心筋梗塞」「脳梗塞」を抑えるんです。

 

「心臓病」と「脳卒中」は発病を食い止めることのできる「動脈硬化性の病気」なんです。

 

◯「血栓」の5W1H

「動物性油脂」を摂りすぎると「血管」が「LDLコレステロール」で「ドロドロ血」になり、「活性酸素」の免疫機能で「LDLコレステロール」ごと「血管」が攻撃を受けます。

 

動脈血管全体が「酸化」してボロボロに傷ついていきます。

本来「血管の止血」をする「血小板」が集まって「血管の傷」をふさぎます。

これがあちこちで起こります。

 

血流ではがれた「血栓」が雪だるま式に大きくなりながら流れどこかの「血管」を塞(ふさ)ぎます。

そこが心臓なら「心筋梗塞」脳内なら「脳梗塞」ですね。

「血栓予防」で予防できます。

 

@「脳卒中」の血筋って?

「遺伝」や「血筋」ではなく同じ「生活習慣」を送っていると同じ病気になりやすいですね。

 

「動物性脂肪の摂りすぎ」に「高血圧症」などの合併症が加わると「動脈硬化」が悪化します。

「肥満」「運動不足」「喫煙」「水分摂取不良」「塩分過多」「栄養失調」なども誘因になりますね。

 

放置すると「心臓病」「脳卒中」になり「死亡率」が高いです。

「血栓」がない「サラサラ血」であれば、少しくらい「血管」が「動脈硬化」していても「心筋梗塞」「脳梗塞」は抑えられます。

 

日頃の健康管理と食生活の見直しをしましょう。

 

@「ピラジン」って?

香味野菜に含まれる「ピラジン」は「血小板」が「血栓」になるのを抑制します。

「ピラジン」は野菜やフルーツの香りの成分に含まれます。

 

「新鮮」なうちに「生のまま」フルーツジュースや薬味として使いたいですね。

パセリやセロリの強い香りが「血栓予防」になります。

 

香りの強い野菜、玉ねぎ、トマト、シシトウ、ピーマン、にんにく、ネギ、ホウレンソウ、シソ、パセリ、セロリなどの野菜やハーブ、グレープフルーツ、メロン、スイカなどのフルーツ。

 

結構、大丈夫そうですか?

切って保存するのではなく香りが強いうちに食べきりましょう。
「玉ねぎ」などを「生」で刻んで「納豆」などネバネバ系に混ぜこむのもおすすめですね。

たまねぎには動脈硬化を予防する効果が有るの?科学的な答えについて

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<