「焼き肉」は「海藻サラダ」で「悪玉コレステロール」が減る?

・・「水溶性食物繊維」をしっかり摂れば「消化液」の合成で「悪玉コレステロール」が消費されるんです。

 

「食物繊維」は「肉類」など「脂っぽい食事」のサイドメニューとして必ず摂ってください。

お腹の腸子もよくなりますし「血液サラサラ」にして、「動脈硬化」を抑制します。

 

「肉類」が多いと「腸内環境」が悪玉菌優位に傾き「便秘」や「下痢」を起こします。

「野菜の盛り合わせ」や「ワカメたっぷりのスープ」など「水溶性食物繊維」はたっぷりです。

 

え〜次の「お肉メニュー」には「水溶性」「水溶性食物繊維」をお忘れなく!

キャベツやレタス、野菜の煮物にもたっぷりの「ポリフェノール」も摂りましょう。

 

「海の野菜」と「山の野菜」。「食物繊維」には人の命を育む底知れないパワーがあります。

血液や腸内をキレイにして「脳卒中」「心臓病」「ガン」などを防ぎ、「アンチ・エイジング」もできるんですよね。

 

「水溶性食物繊維」は腸内でゼリー状になって腸管に付着した「脂肪分」を取込んで排泄する力が強く「動脈硬化」や「大腸がん」を予防するんですよ。

乾燥ワカメが便利ですよ〜

 

便のカサを増やすローカロリーな「不溶性食物繊維」は「便秘」を防ぎ「大腸がん」を予防します。

どちらも「善玉菌」の育つ腸内環境を整えておくためには必要ですね。

 

「水溶性食物繊維」は腸内の「悪玉コレステロール」を巻き取って排便されるので悪玉「LDLコレステロール」が減ります。

それで血管内の「LDLコレステロール値」も低下するんですよ。

 

「脂肪分解」でも「水溶性食物繊維」がいい仕事します。

使ってやってください!

「脂っこい食事」を「脂肪分解」するには消化液の「胆汁(たんじゅう)」が必要です。

 

主成分の「胆汁酸」は「コレステロール」を原料にして作られます。

そして「胆汁酸」の量は一定に保たれる機能があります、ここなんです!

 

腸内に「水溶性食物繊維」が多いと「脂っこい食事」を分解する「胆汁」が多量に排便され減少します。

減少した「胆汁酸」を増産するために原料の「悪玉コレステロール」が消費されます。

 

これによって、体内の「悪玉コレステロール値」が低下するんです。

「水溶性食物繊維」を上手く摂って良質の赤身を適量食べると、ビールを中瓶一本つけても太りにくいでしょう〜。

 

「赤ワイン」だけでなく「ビール」にも「ポリフェノール」が豊富に含まれています。

それぞれ適量がありますが、少食の人なら野菜をたっぷりとることで健康的にパーティーシーズンも乗り切れますね。

 

「動脈硬化」とともに進む「肥満」「隠れ肥満」も「水溶性食物繊維」を日常的に摂る食習慣をつけることで、原因である「悪玉コレステロール」を減少させることができます。

 

「ポリフェノール」をしっかり摂ったり、「EPA」「DHA」で血液中の「善玉コレステロール」を増やし「悪玉コレステロール」を減らしていくことも可能なんです。

「日本酒」を飲まない方は「お刺身」や「煮魚」などからも離れがち、サプリなら毎日「悪玉コレステロール」対策が続けやすいかもしれませんね。

 

「脂っこい食事」におすすめの「水溶性食物繊維」が多く含まれるのは?

◯ ほうれん草 ◯ 人参

◯ かぼちゃ ◯ カリフラワー

◯ ブロッコリー ◯ 切り干し大根

◯ ゴボウ ◯ トウモロコシ

◯ オクラ ◯ こんにゃく

◯ しらたき ◯ 寒天

◯ 大豆製品 ◯ 納豆

◯ 枝豆 ◯ わかめ

◯ こんぶ ◯ ひじき

◯ リンゴ ◯ いちご

◯ バナナ ◯ オレンジ

◯ 柿 ◯ キーウィ

 

等、この他にもまだまだあります。

食材として使って「動脈硬化」対策も楽しみましょう。

 

結構満腹感もあって安価でデザートまでできますよ!

指先のしびれとコレステロールの関係について

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<