「身体にいい油脂」の摂り方を知る事で、動脈硬化を防ぎましょう。

油脂に含まれる抗酸化作用が血管を強くしなやかにする力を持っています。

揚げ物の衣にしみこむ油は予想以上に多いですね。

 

「オレイン酸」の多い「オリーブオイル」や、「セサミノール」が含まれる「ごま油」は抗酸化作用がある油分で血管をいたわりながら動脈硬化を防ぎます。

どちらも高価ですが炒め油を少なめにして仕上げに垂らすと独自の風味も保たれます。

 

身体にいいですが少なめの量でも十分ですよ。

同じ動物性脂肪でも脂の乗った青背のお刺身にかえると身体にいいです。

動物性脂肪でも魚たとえば「真冬のカンパチの刺し身」の脂はいかがでしょう。

肉だけでなく魚の脂も中々ですよ。

 

ナッツ類に含まれる「パルミトオレイン酸」は血管を強くし、血中の悪玉コレステロールだけを減らすことが出来、動脈硬化を防ぎます。

「日本人型脳卒中」の原因になる高齢者の脳血管の栄養失調を防ぎます。

市販の「ピーナッツペースト」には無糖タイプもあり便利ですよ。

 

「松の実」は空気や熱でも酸化されにくい希少な「ピノレン酸」が含まれています。

コレステロールも中性脂肪も抑えることがで、急激な血圧の上昇も抑えるのでオツマミには最高なナッツですね。

 

油物を食べる時は食物繊維の「海藻類」もバランスよく取りましょう。

腸にくっついた多すぎるコレステロールを巻き取って排泄されます。

動脈硬化を抑える食品は以外に多いので、いろいろな食材を少しづつ摂ることも大事ですね。

 

「ポリフェノール」は血管の酸化を抑え動脈硬化を抑えます。

「ビタミンE」や「βカロチン」が多い食品も血管の酸化を防ぎます。

油脂の多い食事にはお酒が水分になる方も多いですね。

 

こんな時ほど血液中の水分が多いほうが血圧の上がった血管にも優しく血流もスムーズになります。

 

進んで水やお茶等も多めに飲むことをおすすめします。

かかとの痛みは立ちっぱなし仕事が原因?痛風の可能性は?

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<