『「リノール酸」は身体に良かったかな、悪かったかな?』

脂肪酸もこれだけいろいろ出てくると、どっちだったかわからなくなりますね。

 

「LDL(悪玉)コレステロール」を形作る「リン脂質やエステル」には「n-6系不飽和脂肪酸(リノール酸、アラキドン酸等)」や、「n-3系不飽和脂肪酸(魚に含まれるEPAやDHA)」が含まれています。

 

血液中に流れる「LDLコレステロール」を形作る材料として使われる物質を利用して「LDLコレステロール」に入りこむ事が可能になります。

EPAやDHAが「LDLコレステロール」に入る作用によってEPAとDHAの「血栓をできにくくし血管の収縮を抑えて丈夫にする」特性を持った「LDL(悪玉)コレステロール」ができるんです。

 

この作用によってEPAとDHAが悪玉コレステロールを減らすと言われているわけです。

メカニズムを知ると「なるほど」ですね。

動脈硬化を抑制できる「LDL(悪玉)コレステロール」は、食が欧米化しても魚や甲殻類も多く食べる日本の食生活は、欧米人よりもEPA、DHAを摂る量が多いため、欧米人より動脈硬化を起こしにくくしている。

 

日本人でも魚嫌いでEPAやDHAを摂取しない場合は欧米人のように動脈硬化を進行させてしまう危険度が高いです。

日常的に魚を食べる、あるいはEPAやDHAをサプリメントで摂っていけば「LDLコレステロール」の質を向上できるので、「悪玉コレステロール値」が下がり「善玉コレステロール値」が上がりますね。

 

食生活の改善が現在難しい方や、魚がどうしても好きになれない方には、EPA、DHAをサプリメントで摂ることも可能ですね。

「LDLコレステロール」になってしまうリノール酸は取らなくてもいいのではなく、必須脂肪酸であり身体には一定量は必要なんです。

 

「リノール酸」は体内で脳梗塞や心筋梗塞の原因になる血栓を作る「アラキドン酸」に変化してしまうので控えたほうがいいとされます。

 

血栓を溶かすEPA、DHAになる「α-リノレン酸」は「しそ油」や「えごま油」に豊富ですが、EPA、DHAを摂るにはサプリメントが良さそうですね。

指先のしびれとコレステロールの関係について

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<