かかとに痛みを感じてしまった場合、仕事等の関係で一日中立ちっぱなしで作業しがちな人は本当に辛いですよね。

それに、「痛風が原因では無いのか?」と不安になってしまうと思います。

 

かかとに痛みを感じているのにも関わらず、まだ歩ける範囲内の痛みであれば、痛風の可能性は低いです。

ここで注意しなくてはならないのは、ある程度続くようならば可能性は低いと言う事であって、急激に痛くなり始めたのでしたら、痛風の可能性は無きにしもあらずと言う事です。

 

この場合は、痛風が発症してしまった事と運動が偶然重なってしまったと言う場合です。

 

痛風の可能性が低い理由

痛風がかかとの痛みとの関連性が低いと言う理由についてですが、痛風は文字通り、風が吹いても痛むと言われている位です。

発症後に立ちっぱなしで過ごす事はおろか、数十メートルを歩く事自体が困難になります。

 

痛風の痛みとなる原因は関節に蓄積する事によって起こる物ですので、かかと自体に痛みが生じてしまう事は有りません。

かかとでは無く、かかと周辺の関節に身に覚えがない痛みを感じてしまった場合は、注意が必要と言う具合です。

 

ここで良く勘違いしてしまいがちなので、今まで座って過ごす日の割合が多い方や、毎日運動らしい運動をされて居なかった方の中で、最近適度に運動された方や半日位立ちっぱなしで過ごされた人は痛風の確率は低いです。

 

どうしても、健康診断などで尿酸値が高めと診断された方に多いのですが、痛みが強すぎて歩行自体が困難になります。

 

もしも、かかとの痛みが続くようなら?

痛風は関節の痛みですので、「足底筋膜炎(そくていきんまくえん)」または「足底腱膜炎(そくけんまくえん)」、「坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)の可能性が有ります。

 

また、かかとの痛みがアキレス腱から来る物であれば、「アキレス腱炎」の可能性も出て来てしまいますので、気になってしまったり、日常生活や仕事に支障をきたす位でしたら、我慢せずに病院受診してみて下さい。

かかとの痛みは痛風が原因?放置するとどうなるのか

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

数日前に急激な運動や負荷がかかっていたり、打ち付けたり捻挫してしまった訳でも無いのにかかとに痛みを感じてしまうと不安になりますよね。

もしも、かかとにだけ痛みが有るのでしたら、痛風の危険性は極めて少ないと言えます。

ですが、特にかかと周辺の関節が痛み、かかとが痛むように感じている場合、痛風が原因である可能性が高く、そのまま放置してしまうと危険なので注意して下さい。

 

かかと周辺の関節に痛みが有る場合

痛風は足の親指に痛みが出てしまう事で有名ですが、体質などが原因で足の親指以外の関節に痛みが出てしまう事も有ります。

特にかかとは、身体全身の重さを支えている事や、睡眠中や椅子に座っている時以外は休息させる事が出来ない場合が殆どですので、かかと付近の関節等はそれだけ症状が出やすいと言う事ですね。

 

なぜ、痛みを放置すると危険なのか

かかとに限定せずに、痛風による関節の痛みは一年に数回現れます。

この状態を放置してしまい、ある一定の期間が経過すると、その症状が消えてしまうのが特徴です。

 

そして、かかと周辺の痛みが発症しては消えてを毎年何回も繰り返してしまうのですが、その間隔は徐々に狭まってしまいます。

ある程度の年数が経過してしまいますと、歩く事自体が困難になり、「風が吹いても痛い」と言う痛風の代表的な症例を引き起こしてしまいます。

 

痛風を発症してしまうと、命に関わる「痛風腎」を発症してしまう可能性が有り、非常に危険ですが、かかとに痛みが出始めた頃にしっかりと対処しておけば、薬に頼らなくても十分に改善出来ます。

かかとの痛みは立ちっぱなし仕事が原因?痛風の可能性は?

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<