たまねぎには、血液をサラサラにする効果が有る事で有名ですね。

最近では「たまねぎ氷」等も話題になっていると思います。

動脈硬化は文字通り血管をが固くなってしまう病気なのですが、たまねぎには「ケルセチン」と呼ばれる血管に柔軟性を持たせる働きが有る成分が、豊富に含まれています。

では、この「ケルセチン」が、どれくらい動脈硬化に良いのかについて触れて行きたいと思います。

 

たまねぎには動脈硬化に効果的な「ケルセチン」が豊富

たまねぎに豊富に含まれている「ケルセチン」はポリフェノールの一種で、抗酸化作用が高くアンチエイジングにも効果が有ります。

動脈硬化の血管は通常の軟らかい血管とは違い、活性酸素の割合が多く、血管を拡張させる命令を出す、一酸化炭素の働きを邪魔する働きが有ります。

 

たまねぎに含まれている「ケルセチン」には、血管の拡張を命令する一酸化炭素を邪魔する活性酸素を減らす働きが有り、動脈硬化を予防し、改善を促進する事が可能だと言われています。

 

たまねぎは動脈硬化に効果的!一体どれ位食べるのが望ましい?

たまねぎが動脈硬化に効果的だと言う事は、少しでも伝わりましたか?

 

動脈硬化に効果的な「ケルセチン」の働きを最大限に生かすには、1/2玉~1玉を2日に一回位のペースで食べる事が望ましいです。

注意点としては「ケルセチン」は水溶性なので、水に晒さない事が大切です。

 

普通のたまねぎよりは新玉ねぎの方がより効果的だとも言われていますので、是非今日から挑戦してみた下さいね。

動脈硬化とジャンクフードの関係 何故駄目なのか?具体的理由

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<