近年、食事の欧米化によって中性脂肪に頭を悩ませている方が増加しています。

そんななか、特定保健用食品のイマークSは中性脂肪の低下に効果があるということで、4.2秒に一本売れる程人気の飲料です。

 

イマークSは1日に1本飲むことになりますが、いつ飲むとより効果的なのでしょうか。

いつ飲むかどうかは、医薬品ではないので決まりはなく、自由に飲んでかまいません。

 

しかし、消化酵素が出る食後に飲むと効果的なんですよ。

中性脂肪を低下させるには、とくに活動を始めてカロリーの消費が多くなる朝食後か昼食後に摂取するのがおすすめです。

 

夕食は脂分が多い食事になりがちなので夕食後に飲んだほうがいいのでは?

と疑問に思う方もいるかもしれませんが、夕食後に飲んでしまうと、その後は就寝してしまって、活動量が少ないので、できるだけ朝から昼のうちに飲んだほうがよさそうです。

 

継続して飲む必要があるので、食後のデザート感覚で飲んで、習慣化してしまうと飲み忘れを防止することもできますよ。

イマークSにはどんな効能があるの?

 

中性脂肪をより効果的に低下させるためには、イマークSをいつ飲むかということも大切です。

有名なニッスイのトクホの商品なので安心して飲むことができるのもイマークSの強みなので、効果が実感できるように習慣化して飲み続けてみてはいかがでしょうか。

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<