4.2秒に1本売れる程人気で、ニッスイの特定保健用食品のイマークSは中性脂肪を低下させる効果がありますが、利用者のなかには思ったように効果が出なかったり、全然効かないという方もいるようです。

同じようにイマークSを飲んでいるのにも関わらず、効く人と効かない人がいるのはとても不思議ですよね。

 

しかし、イマークSさえ飲んでいれば、それでOKというわけではないんですよ。

そもそも中性脂肪が増えてしまった理由を考えてみると、野菜や魚が不足した肉中心の食生活やアルコールの飲みすぎ、運動不足などが原因です。

 

いくらイマークSを飲んでも、これらの原因が改善されなければ、なかなか効かない感じがするのもわかりますよね。

なかにはイマークSを飲み始めて、効かないどころか逆に中性脂肪が増えたという方もいるようです。

 

イマークSに頼り切って、暴飲暴食をしたりするとこのようなことになりかねません。

イマークSにはどんな効能があるの?

 

中性脂肪に効果的な成分のEPAやDHAを摂取するのなら、まずは自分の食生活や生活習慣を見直すことから始めませんか?

生活習慣とイマークSの両方から中性脂肪にアプローチすることで、より効果的に成果を出していくことができるのではないでしょうか。

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<