イマークSには、中性脂肪を低下させる効果があります。

そのため、中性脂肪が気になる人にはとても人気の特定保健用食品です。

イマークSの主な成分は魚類に含まれるEPAとDHAで、それぞれに異なった効能があります。

 

EPAには、アレルギー反応の抑制やがん予防、脳卒中予防、動脈硬化予防、中性脂肪を低下させる効能があります。

一方、DHAには、アトピー抑制、認知症の予防や脳の活性化、血中コレステロールの低下などの効能があります。

 

イマークSを飲むと両方の効能を得られることになり、血液中の中性脂肪やコレステロールを低下させることができるわけです。

放っておくと、動脈硬化が進行して血栓ができ、命に関わる症状が起こる可能性もあるので注意が必要です。

 

食の欧米化で、主に魚や野菜を食べる習慣が肉中心の食事に変化しています。

普段の食生活に不足している青魚の栄養を摂取できるイマークSを飲めば、徐々に血液がサラサラになり、中性脂肪を低下させていくことができますが、そもそもの食生活やアルコールの摂取も改善していく必要があります。

 

中性脂肪の低下に向けて食生活を改善していこうと思うなら、イマークSはおすすめのトクホ飲料だといえるでしょう。

イマークSにはどんな効能があるの?

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<