すでに1,200万本も販売されているイマークSは、中性脂肪が気になる人におすすめのトクホ飲料です。

1日に1本飲むだけでいいので、手軽で継続しやすいのも特徴のひとつです。

 

イマークSに含まれる成分は、通販やTV番組でもよく取り上げられるEPAとDHAです。

EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)は、体内で作り出すことができない成分なので、食事で摂取する必要があり、主に魚類、とくに青魚に豊富に含まれています。

 

EPAの1日の摂取量の目安は750mgですが、普段の生活で魚をどのくらい食べていますか?

現代は食の欧米化が進んでいるため、以前のように魚類を食べる機会が多くなくなっています。

 

脂分が多い肉中心の食事が多く、その結果中性脂肪やコレステロールが体内に溜まりやすい環境になっており、その分動脈硬化を引き起こしやすくなっています。

イマークSを1本飲むと、厚生労働省が定めたEPAの1日の摂取量750mgのうち約80%の600mgのEPAを摂取することができます。

 

普段の食生活で魚類を摂取する機会が少ない人には、EPAやDHAといった成分をイマークSで補給するのは効果的ではないでしょうか。

イマークSがまずいって言う口コミも有るけど本当なの?

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<