ジャンクフードが好きな人は動脈硬化になり易いと言うのは、結構有名な話だと思います。

ですが、私達が日常的に何気なく食べている物も、ジャンクフードに分類されてしまう場合が有りますので、おさらいの意味も兼ねて進めて行きたいと思います。

動脈硬化とジャンクフードの関係 どこからがジャンクフードなのか?

ジャンクフードは、明らかに栄養バランスの崩れている食品を指し、カロリーが高く、塩分も高いと言う、まさに動脈硬化の元凶とも言える食品の事です。

 

当然、ビタミンやミネラル、食物繊維等も殆ど含まれていません。

もちろん、砂糖が多すぎる食品もジャンクフードに分類されてしまいます。

 

砂糖が全体の10%位の清涼飲料水もジャンクフードに分類されていますので、動脈硬化を気にされている方は、牛乳や青汁、健康茶に変えて行きましょう。

おそらく、動脈硬化の疑いが有る方が好きな食べ物は、ジャンクフードに分類されてしまう事が殆どだと思います。

 

(例) カレー・牛丼・ピザ・寿司・ラーメン・アイス・唐揚げ・揚げ物等

 

何故ここまでジャンクフードは動脈硬化に影響が出ると言われてしまうのか?

コンビニ等で手軽に変えるお菓子や、ファーストフード店等で気軽に食べれるジャンクフードが、動脈硬化リスクを増大させると言われている理由の1つに、「トランス脂肪酸」が挙げられます。

 

「トランス脂肪酸」は天然の植物油にはごく少量しか含まれておらず、科学的に合成されたマーガリン等に多く含まれています。

比較的少量でも悪玉コレステロールを増やしてしまう可能性が有ります。

 

スーパー等に売っている安いお菓子や、コンビニのデザート等に大量に含まれていますね。

また、唐揚げやコロッケ、ピザやフライドチキン、ラーメンやカレー、冷凍食品やインスタント食品、お菓子等には必ず入っています。

 

動脈硬化とジャンクフードの関係 他にもこんな危険も

ジャンクフードに含まれている「トランス脂肪酸」は動脈硬化だけでは無く、虚血性心疾患や狭心症、心筋梗塞や各種がん、糖尿病や免疫機能低下等、様々な病気を発症するリスクを持っています。

かかとの痛みは痛風が原因?放置するとどうなるのか

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<