物も考えようで不景気だからこその「一家団らん」もふえて、ささやかながら家族と過ごす時間が返ってきました。

「こんなに家族バラバラでこれから日本どうなっちゃうんだろう」と言われましたが、一周回って元の位置に戻ったようですね。

 

狭くなったお家も一緒に「あーだ、こーだ」と言いながら食べる夕食は、まさに「我が家」。

 

なんだかんだ会話しながら食事をするご家庭の子ども達は「過食」や「拒食」を含めた「摂食障害」を起こさないんだそうですよ。

「野菜食べなさい、野菜」

「魚食べると頭がよくなんの」

「唐揚は一人3個だって!ケーチ」

テーブル越しの言葉が「食育」になってて、何をどのくらい食べればいいのかがちゃーんと分かるようになるんですってね。

 

「摂食障害」を起こす子達はね、一人で食事してる場合がほとんどです。

「過体重」の子は食育を受けていないので食べ方がわかりません。

 

自分には減量はムリだといってもやっぱり痩せたいんです。

ということは、子ども達の身長と体重のバランスが崩れると親の知らない処で「奇妙な食事」を続けているわけです。

 

「毎日ハンバーガーセットを食べていた」

おまけにシェイクはLサイズ・・。

家の子は痩せてるから大丈夫・・

「隠れ肥満」の「痩せの大食い」かも知れません。

 

成長期の子が夕食時に「あんまり減ってないから」はありえません。

「フライ物の買い食い」は習慣性ができます。

 

ファストフードのデメリットに「野菜の不足」と「フライの油」の酸化がありますよね。

「食育」ができている子はそれに気づきます。

「野菜少っくな!この油のにおいムリ!」。

 

子どもの血管は大人よりもずっと細いので詰まりやすいです。

過剰な「悪玉コレステロール」や「中性脂肪」が周りにあふれていて、生活習慣病が秘かに進行している場合が多いです。

 

会話しているとついつい、ポロッと私生活をバラします。

一つ出たらポロポロでてきますから気長にあぶり出しましょう。

 

一緒に話しながら食べると食事の量が減って気持ちが安定します。

そのうちに食事の量が安定してきます。

 

表情豊かに会話する様子を見るのが楽しみにもなりますね。

一緒にウォーキングで有酸素運動して「悪玉コレステロール」「中性脂肪」を減らし「善玉コレステロール」を増やしてピンチがチャンスに変わりますね。

 

「時間だ走ってこい」と言われても一人では走りませんから運動の継続は難しいですが、不思議と二人なら「時間だよ」って言いたがりますよね。

ダイエットには停滞期が必ずありますが「減らない」もコミニュケーションにして「太る速さ」と「減らす大尉偏差」お互いに上手くいきます。

 

子どもが動脈硬化を起こしたら周りの大人の責任ですから、なるべく早く引き戻してあげたいものです。

 

いくら忙しくても子どもにダイエットを丸投げすると「ちゃんと食べたふりをしてごちそうさま」をします。

正しく食べて痩せる方法を一緒に考えてあげましょう。

 

ダイエット中こそ栄養素を摂ることが欠かせません。

学齢期は体育もかなりハードで倒れる子もいます。

体重を気にして栄養のとれていない子が多いです。

 

すらりと伸びた背は学齢期の栄養摂取にかかっています。

カルシウムは魚や赤身の肉から摂るといいですね。

 

野菜も一緒に蒸し料理にすればダイエットにもぴったりで野菜も食べられます。

「フタ付の鍋」に一回り小さな「足つきでステンレス製の水切り網」を敷いて「蒸し器」として使えます。

 

適度に脂や水っぽさも抜けるのでお年頃の女子にもいいでしょう。

一生お世話になる内臓や骨格の充実や成長ホルモンにも脂質が必要なことです。

 

肌や髪のツヤもなく、すぐに風邪をひき、少し走ると心臓がどくどくしていては楽しくありません。

楽しく過ごすにはエネルギーが必要です。

 

良質なたんぱく質と脂質を食物繊維と一緒に摂っていれば太リません。

モデルさん達も豆類・鶏のササミ・魚から良質なタンパク質を、野菜・海藻からビタミンやミネラルを補給しますね。

 

子ども達の食べ過ぎる原因もそれぞれありそうです。

塾の時間調整に食べるものにも注意が必要ですよ。

まだ栄養バランスの取り方がわからないですから。

 

食生活が正しければ標準体重になってきます。

もし過体重なら「高コレステロール食」をとっていることも疑われ、外食になると油の変質も気になります。

 

「食べるならコッチがいいよ」と理由も教えてあげて下さいね。

楽しく栄養バランスが取れるようなメニューを用意することも家庭ならではの愛情ですね。

 

忙しいご家庭ではごま油を仕上げに使った「筑前煮」がお勧めです。

肉類の小口切りやいろいろな野菜やこんにゃく等の食材を硬いものから煮ます。

 

メニューが思い浮かばなくてもとりあえずいろいろな野菜や乾物を買ってきて適量づつ使うことで栄養バランスのいい一品になりますよ。

子ども達が好きな「カレー」の具に色々な食材を使うと楽しいですね。

 

食べ残すキャベツもざく切りにして具にするとドレッシングもいりません。

魚は骨が嫌で魚嫌いになるといけないので、忙しい時は骨が並んでいるところを包丁でそぎ落とした「ムニエル」もお勧めです。

 

魚の脂は脳神経の活性化にも、魚料理が好きになる動脈硬化対策にもなっていきます。

火の通し加減を硬めや柔らかめに替えるだけでよく食べるようになったりもしますね。

 

「どっちが好き」もコミニュケーションになり安心感が子ども達には何よりのごちそうですし「食育」なんですね。

野菜ジュースもいいですが適量のバナナやリンゴは便通がよくなり、腸内のコレステロールだけでなく血中の悪玉コレステロールまで減らす効果があります。

 

「食育」の先生はご家族が一番いいですね。

動脈硬化は隠れ肥満もキーワード?潜在リスクについて

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

食べたいものほど高コレステロールで困ってしまいます・・

鼻をくすぐるお肉の焼けるにおい・・

お気に入りのお酒がグラスに注がれると・・

「カンパーイ」。

 

そういう食事もたまにはいいですよね。

でもコレステロールは気になります。

 

そもそも、悪玉コレステロールってなんなんでしょうね。

 

「LDLコレステロール」は「悪玉」といわれていますが、身体のすべての細胞の骨組みになる材料なんですね。

だから、必ず毎日必要なので、皮下脂肪としても蓄えているんですね。

 

Q,生命を維持するために必要な「LDLコレステロール」が「悪玉」な理由は何でしょうか?

 

A,それは脂ものを多く食べた場合、腸の内側にべったり付着した脂肪分が腸から吸収されて血管内に爆発的に「LDLコレステロール」が増えてしまいます。

 

その異常事態に身体は「LDLコレステロール」を病原体と判断し殺菌しようと「活性酸素」を増加させる「免疫反応」を起こします。

病原体であれば「活性酸素」によって殺菌され老廃物として排泄されるのですが、病原体と違って生きていない「LDLコレステロール」は減らないだけでなくグレるんですね・・

 

身体からの攻撃によって「脂質」は酸化し血管内にベトベト付着し「プラーク」になり次第に動脈が硬化していく原因になります。

「動脈硬化症」は「脳卒中」と「心臓病」の原因なので日本人の死因の第一位ということになります。

 

ほとんどの人が「脂質の摂りすぎ」で死亡しているわけですね。

 

一日に必要な「LDLコレステロール」の必要量は1〜1.5gととても少なくていいんですね。

そのまた70%は肝臓等で合成されるので、後の30%だけを摂ればいいわけです・・

 

ならば摂らなければいいかと言えばそうではなく「LDLコレステロール値」が160mg以下のままだと脳神経の新陳代謝ができず精神不安定になり「殺人」や「自殺」の原因にもなります。

 

実は「脳神経」の新陳代謝や活性化にもEPA、DHA等の「LDLコレステロール」が材料として必要で、受験生にEPA、DHAのサプリが勧められるんですね。

特に女性の血液検査結果で気になるのが「LDLコレステロール」ですね。

 

検査自体の基準値は60〜139g/dlですが、閉経後の女性では*がでる70〜159g/dlでも大丈夫です。

「LDLコレステロール値」が高くなるとネフローゼ症候群、甲状腺機能低下症、動脈硬化症等が疑われ、低すぎると甲状腺機能亢進(こうしん)症、肝硬変などが心配されます。

 

「脂質」が三大栄養素というのも時代に合わない気がしますが、「LDL」が増えても「HDL」の割合が増えれば動脈硬化症を抑えることもできます。

動脈硬化は悪玉コレストロールによって悪化してしまう?

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<

 

「隠れ肥満」は皮下脂肪が少なく太って見えません。

でも「肥満」としての対策が必要なんですね。

 

なぜかと言うと血液がすでに「ドロドロ血」になって「動脈硬化」が進んでいるんです。

「中性脂肪」や「LDLコレステロール」が高くなるので「血液検査」でチェックされますが、「内臓脂肪」は「体脂肪率」でも発見されます。

 

腹囲(ウエスト)を腰回り(ヒップ)で割り算した数値が男性で「1」以上、女性で「0.8」以上ある場合が「隠れ肥満」とされています。

「BMI」は「肥満」しているかどうかの目安を数値化したものです。

体重(kg)を身長(m)の2乗で割り算した数値で表わされます。

 

「BMI」が18.5以上25.0未満ならば「標準体重」。

「BMI」が22.0の時に一番病気をしにくい状態であると言われ、「BMI」が18.5未満は「やせすぎ」、25.0以上は「肥満」に分類されます。

 

体型的には健康的なので自分が「肥満」だという意識がないので「合併症」が重症化しやすいです注意が必要なんですよね。

「隠れ肥満」はすでに「動脈硬化」が進んでいる可能性が高いんです。

 

「動脈硬化」は酸素や栄養分などを運ぶ動脈血管自体が酸化してボロボロになって裂けたり詰まったりします。

いつどこの血管が裂けたり詰まったりして「心臓病」「脳卒中」を起こすかわかりません。

 

死亡率が非常に高く重い「後遺症」を残し「再発」を繰り返すことが多いんです。

 

特に「隠れ肥満」のように「LDLコレステロール」や「中性脂肪」の数値が高くても、全く「肥満」の対策をせずに安心していると「心臓病」「脳卒中」を発症していることもあります。

 

「隠れ肥満」の内臓脂肪を燃焼させるのは「有酸素運動」を20分以上継続するといいのですが、なかなかそれが難しい事でもありますよね、

 

「魚」中心の食生活にすると「LDLコレステロール」や「中性脂肪」を低下させて「サラサラ血」にする「EPA」や「DHA」が摂れるので身体の中から元気になって内臓脂肪が減っていきますよ。

動脈硬化と細胞の酸化、発がん率について

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<