虚血性大腸炎は動脈硬化が大きな原因であると言われていますね。

動脈硬化を発症してしまう原因は食事やストレス等のような様々な生活習慣から引き起こされてしまい、喫煙も大きな原因の一つと言われています。

 

喫煙は習慣化してしまい易く、どうにか改善したいと思っていても長年の習慣を変えると言う事は、非常に難しいのが現状だと思います。

もしも無理なようでしたら、動脈硬化の症状や進行を遅らせたり、改善出来るように違う方向から対処法を試みる方がですね。

 

喫煙が動脈硬化を引き起こしてしまう理由

動脈硬化は文字通り血管の壁がぶ厚く、固く変化してしまう事だと思われてしまいがちですが、血管の内側にコブ状の物が出来てしまったり、それが悪化して血管の一部自体が詰まってしまう事も指します。

 

この血管の内側に溜まる物の多くは「悪玉コレステロール」です。

喫煙は血管内に悪玉コレステロールを蓄積し易い状態にする働きが有り、同時に血管が動脈硬化になってしまう事を防いでくれる「善玉コレステロール」を減少させてしまう働きが有ります。

 

この事が原因で喫煙されている方の多くは、動脈硬化を発症してしまう確率が高いのです。

 

虚血性大腸炎と動脈硬化の関係

大腸が動脈硬化が原因で血液が滞ってしまった状態になり、腸壁の内側の粘膜部分に炎症や潰瘍が出来易い状態になります。

また、大腸周辺の血管が詰まるだけでは無く、非常に脆く破れ易い状態に変化してしまいます。

 

この状態が進行してしまうと、便通時の「いきみ」等だけでも大腸内の血管が裂けてしまう可能性が高くなりますので非常に危険です。

虚血性大腸炎に降圧剤が処方される時はどんな状態?

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<