鎮圧剤は虚血性大腸炎の中でも初期状態の場合に処方される事が多いです。

中期にさしかかる事から後期にさしかかる頃になると、薬物投与では改善出来なくなってしまう事が殆どです。

目的としては、動脈硬化になりかけている血管を拡張する事ですね。

 

進行度合いと降圧剤について

虚血性大腸炎は中期から後期に差しかかる頃になると、動脈硬化などが原因で大腸内の血管が詰まってしまったり、血流が悪化してしまったりしまいます。

また、血流の詰まりや悪化などが原因で大腸の壊死などが始まってしまいます。

 

これ位症状が進行してしまっていては、降圧剤で悠長に血流を改善している場合では有りません。

大腸への血流が途切れ、大腸の細胞自体が死滅して来てしまっている可能性が有るので、ある意味時間との戦いとも言えますね。

 

虚血性大腸炎の治療は大腸自体を休ませない事には話は始まりませんので、入院と手術、絶食などで様子を見ていきます。

栄養に関しては、水分摂取も不可能なので点滴での生活になります。

 

虚血性大腸炎に鎮圧剤以外に処方される薬

鎮圧剤で対処出来る状態の時に、稀に大腸内で軽度の炎症が見られる場合が有ります。

血行不良などで大腸自体の機能が低下してしまう事が原因の殆どですね。

 

これは、内視鏡などで調べる場合よりも、虚血性大腸炎診断時の血液検査で白血球値の上昇などで炎症反応が出て来た場合には鎮圧剤と並行して抗生物質が処方される事も有ります。

 

虚血性大腸炎の本当の怖さ

大腸を完全に休める必要が有りますので、入院が必要不可欠な病気である事、壊死を起こしてしまう危険性が高い事などが挙げられます。

 

更に、大腸の炎症や動脈硬化、壊死などが原因で様々な合併症を引き起こしてしまう可能性が高い事も忘れないでおきたいですね。

動脈硬化を防ぐ為「身体に良い油脂」の取り方について

 

>>イマークSの詳細はこちらです<<